FX会社の特徴・評判・比較等、初めてFXをする人に最適なFX会社を紹介しています。
株や外貨預金をなさってるあなた。FX(外国為替証拠金取引)で資産形成を始めてみませんか?
こんな人にお奨め 為替情報を見るなら絶対必要 お奨め記事
① 株でイマイチ儲かっていない
② サラリーマンだけどデイトレしたい
③ 銀行預金の利息が不満
④ 何かに投資しようと考えている
⑤ 外貨預金の手数料に不満
⑥ 資産形成を成したい
⑦ 日本の将来のインフレが不安

 リッチになりたい
■ マネーパートナーズ

「今日の抵抗線はどこ?支持線はどこ?」と考え悩んでていませんか???
マネーパートナーズはそんな為替情報を1日に数回、各通貨毎に教えてくれてます。
もちろん口座開設や口座維持費は無料。
カワセミのFX投資にも欠かせません。


■ FXは危ない??
■ FXは株より安全
■ FX必要資金について
■ カワセミがFXを始めた理由は
■ スワップポイントとは

■ 外貨預金との違い
■ FX会社のコンバージョン(外貨両替)は超お得
 d(^-^)

■ マネーパートナーズ
・ 信託保全
・ 手数料無料
・ スプレッドが小さい
・ 証拠金定額
3拍子も4拍子も揃った好条件の会社
           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何気なく使い始めたF外国証拠金取引会社で貴方は損をしていませんか?

以前のカワセミがそうでした。初めてFXをする前、何年か株をやっていたので、株を扱ってる会社が良かろう口座を開設してFXの取引をしてました。

FXを始めて何ヵ月後か経って、幸いにも利益を出していたので、ルンルン気分で取引の内容を洗い直してみようと考え、収支決算のため集計してみることにしたんです。

そしたら、なっなんと自分の利益の何倍もの手数料を払っていたんです。
カワセミが儲かったのではなくFX会社が儲かっていたのです。

考えたらアホみたいでしばらくはやる気をなくしてしまったんです。でも自分も利益は出てるし、FXをしない手は無いと考えて、それなら手数料の安い会社は無いのかと調べまくりました

調べてるうちにスプレッドも各FX会社で違うことに気づいたんです。今考えるとアホです。

例えば、ドル円1万通貨を月に20回売買(デイトレ除く・売買で1カウント)して、全て実質の10ポイント抜きに成功したとしましょう。

AFT−FXで取引した場合は(スプレッド3ポイント)
+700円×20回−0円(手数料)×2(往復)×20回=+14,000円

○○証券で取引した場は(スプレッド4ポイント)
+600円×20回−1,000円(手数料)×2(往復)×20回=−28,000円

なんと同じ内容の取引でAFT−FXで取引した場合は14,000円の利益となり、○○証券で取引した場合は28,000円の損失になるのです。

10万通貨だと
AFT−FXで取引した場合は14万円の利益
○○証券で取引した場合は28万円の損失ですね。


次は、同じ条件で実質の20ポイント抜きに成功したとして計算してみましょ。

AFT−FXで取引した場合は
+1,700円×20−0円(手数料)×2(往復)×20回=+34,000円

○○証券で取引した場合は
+1,600円×20−1,000円(手数料)×2(往復)×20回=−8,000円

となります。

実質20ポイント抜きに成功しても、片や利益。片や損失。この違いは大き過ぎます。

それも1万通貨でですよ。

10万通貨だと
AFT−FXで取引した場合は34万円の利益
○○証券で取引した場合は8万円の損失ですね。

月に1万通貨を10P抜きと20P抜きでで比較しましたが、皆さんご自分の取引額で計算してみてください。

きっと、ビックリされる筈ですよ。  
私は手数料無料でスプレッドの小さい会社を選ばれるのを奨めます。
スポンサーサイト
さて今日からゴールデンウィークです。

為替相場のことはさらりと忘れて遊びに没頭しましょう。一週間くらいたっぷりと遊んで気分転換を図った方がその後のFXも上手く行くかもですよ。

カワセミも今週は余程の急落が無い限り参加しないつもりです。

ですので、休みの間は取り留めのない事や為替に関する基本的なことをブログに書いて行くことにします。

その間もランキングのポチ協力をお願いしますね・・d(^-^) →ブログランキング

ずっと前の日経新聞(確か去年)に「やさしい経済学-人間の心と行動」・「投資家と株式市場」と題して下記の内容の文章が載っていました。

内容の概略は以下の様な内容でした。

1、 人間は利益より損失に対して敏感に反応する。1万円から得られる喜びの大きさは、1万円を失うことの悲しみほど大きくはない。

2、 人間は損失の確定を嫌う傾向に有り、このの現象は損失回避と呼ばれている。

3、 株式投資で購入した株式の価格が下落した際、損失を確定するのではなく、塩漬けと称して持ち続ける行為は、まさにこの損失回避の実践である。

4、 人間誰しも自分の失敗を認めたくないのである。

5、 損失が出そうな場合は、その回避を優先させる。(損失の確定を先送りする)

6、 得する領域ではリスク回避的行動をとる。(利益の確定を優先する)


等でした。

どう思われます???人間心理をよく捉えていますよね。

「自分はそうじゃない。」と思われる方は立派ですが・・・

人間の心理的弱さを克服するところにFXでの利益獲得の道が有るのかもしれませんね。d(^-^)

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
ユーロドルやユーロ円の上りが凄いです。

ユーロ円は170円に向けて、このまま突っ走るのでしょうか。

いやいや、相場がそのまま走る事は過去を振り返ってもそんなことは有り得てません。必ず調整を含みながら上昇していくのです。

下の4時間足のチャートを見て頂くとMACDでは上昇を示していますがスローストキャスティクスでは微妙になってきています。
h19.4.27.jpg

h19.4.27.2.jpg


しかしながら、いづれユーロ円は170円を突破するのでしょう。カワセミはそう思っています。

ブログランキング:ひとポチお願いします d(^-^)

さて今朝発表の日本消費者物価指数が-0.3%と事前予想を下回った事から、利上げ予想が弱まり当面の円高は回避される様相が強まってますがどうなんでしょう。

明日からの連休を前にポジションを持つか否かの迷いどころです。

今のところは何かのニュースでの急落を待って、買いに入るスタンスが良いように思えてますが・・・・

勿論買いに入るときもドルは買いませんよ。ユーロor資源国通貨に徹します。

話は変わりますが、先日のコメントでユーロ円が162円まで上がるかどうか迷っていた方に、162円で精算するのだろうと思って書いた記事がアダになってしまいました。

そのまま持ってたら利益が膨らんだのに・・・スミマセン。反省です。

くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)



本日午後からの経済統計                     予想
15:00 日・日銀/経済・物価情勢の展望レポート
15:30 福井日銀総裁会見
17:00 ユーロ圏・2月経常収支(季調済)           +11億EUR
21:30 米・第1四半期GDP価格指数(速報値)(前期比)      +3.0%
21:30 米・第1四半期GDP(速報値)(年率)           +1.8%
21:30 米・第1四半期個人消費(速報値)(前期比)        +3.5%
23:00 米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)     85.3


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
こんにちは、カワセミです。

たっぷり朝寝をしたもので更新が遅れてしまいました。

昨日は昼から釣りに出かけ帰りは夜中だったんです。

時間をかけた割には釣果はパッとせずミズイカ1.7kgを2枚だけ。いやまあまあかな。

ミズイカ??? そう本州ではアオリイカとか藻イカとか呼ばれてる奴です。

今はミズイカのシーズンで型も大きく引きも楽しめるんです。

釣られて来る時、反抗して墨を吐き上げる姿は豪快ですよ。

それに肉厚でとっても美味いんです。釣ってもかなりの時間は生きてますので、家に帰ってすぐ料理して食べるのですけど何処を食べると思います?

イカの耳なんですよ。魚屋さんに並んでいるイカは耳より身が美味しいけど、生きているミズイカの耳はコリコリして最高にイケるんです。

皆さんも生きているミズイカを手に入れることが出来たら、是非試しに耳を食べてみてください。最高ですから d(^-^)

ブログランキング

さて為替ですけど今朝方ニュージーランドの政策金利が7.50%から7.75%引き上げられたようですね。

日本から見るとまさに高金利です。こりゃスワップ金利狙いの人にはたまらないでしょう。

もっとも最近は南アフリカランドやトルコリラといったメチャクチャな高金利通過も人気を高めてますが。

でもトルコリラは私も興味を持って調査中なんです。スワップ狙いで買うつもりです。後は大きく落ちた時に買いたいのでタイミング待ちの状態です。

トルコリラを扱う会社はまだ少ないのですが、来月からヒロセ通商がヒロセトレーダと云う商品で扱う予定です。トルコリラは他の通貨に比べて取引の絶対量が少ないので値が付きにくいとは思いますがスワップ狙いなら苦にならないかなと思っています。

話は変わりますが昨日コメントを頂いてたのですが、釣りに行ってしまい返事を書いてませんでした。スミマセン

ユーロ円が162円まで上がるかどうかの質問ですけど、現在ほぼ162円ですよね。もうチョイですけど。

たぶん162円で売り指しをしたいのじゃないかな?

こんな時には162円で売っても161.90円で売っても50歩100歩だと思うけど・・

長期での考えはユーロ円は170円超えです。
本音はもっと上なんですけど・・・ゞ(^^* 今年じゃないですよ


本日午後からの経済統計                    予想
15:00 英・4月ネーションワイド住宅価格指数 【前月比】   +0.6%
15:00 英・4月ネーションワイド住宅価格指数 【前年比】   +9.5%
15:00 独・3月輸入物価指数 【前月比】            +0.5%
15:00 独・3月輸入物価指数 【前年比】            +0.8%
15:10 独・5月GFK消費者信頼感調査               4.7
16:00 シュタインブリュック・独財務相講演
21:30 米・新規失業保険申請件数              33.0万件
23:30 カナダ中銀(BOC)金融政策報告
01:15 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演

YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
昨日の為替相場の目玉はAUDの下落と、EURの上昇でしょう。

AUDの下落は豪消費者物価指数が0.1%(予想0.6%)と予想を下回った事で、それまで市場が持っていたAUDの利上げ期待が遠くなったために起ったものです。

それでも今朝は98.40円台へ回復する力強さを見せてはいます。

症状が重いのはUSDで、昨夜の米中古住宅販売件数は市場予想を大幅に下回って前月の+3.9%から-8.4%です。

今夜、米新築住宅販売件数の発表が予定されていますが、これが弱い数字だとUSDは更なる下落へと向かうのではないでしょうか。

そのドルが売られた分ユーロが買われてユーロドルは1.36台へ急反発しています。


話は変わりますが昨日「ユーロはなんとかプラスになりました。まだ決済してないですが^^; 」とコメントを頂きました。

ユーロと書いて有るのでユーロドルorユーロ円だと思われますが昨日19:23のコメントですので、その時点からすると今朝はどちらも大きく上がっています。

「早めの決済が善いみたいだ」と思ってますが・・・

ちなみにそのコメントへの返答は以下のように書かせて貰いました。

【やったね、ユーロが大きく下げた時に買ったの?

正解だったね。目茶苦茶大きな問題が起きない限りユーロは伸びると思ってます。

最近の相場は不安定だから、記事にも書いたように相場に入るのは「もう少し上がりそう」の時点ではなく、「大きく下げた後、戻りをみせた時点での買い参入」が利益は大きいはずです。

ただ、下げないで伸び続けることも有るかも知れないけどその時は「マイナスにならないで善かった」位の感覚で良いのじゃないかな?】

大きなお世話だったかも知れません。そうだったらゴメンナサイです。ゞ(^^*

さて、今夜も楽しみです。d(^-^)

ブログランキング

本日午後からの経済統計                   予想
17:00 独・4月IFO景況指数                  107.9
17:30 英・第1四半期GDP(速報値) 【前期比】       +0.6%
17:30 英・第1四半期GDP(速報値) 【前年比】       +2.8%
21:30 米・3月耐久財受注(前月比)              +2.5%
21:30 米・3月耐久財受注(コア)(前月比)          +1.1%
23:00 米・3月新築住宅販売件数               89万件
23:00 バーナンキ・米FRB議長講演  
00:00 シュタインブリュック・独財務相講演 
03:00 ベージュブック(地区連銀経済報告)

YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
最近の為替相場は激しい動きを繰り返しています。

昨日も東京タイムにおいては、米大手格付け会社が日本の国債の格付けを「AA-」から「AA」に格上げと発表した事を受け一旦円高へ振れ、逆に欧州タイムからは買われすぎた円が売られると云う展開です。

それほど大きな問題ではないのに相場が反応するのは、最近の相場に方向感が無くトレンドらしきものが存在しないからではないでしょうか。

このような相場個人投資家が参加することは出来れば避けたいと考えます。

参加するのであれば「もう少し上がりそう」の時点ではなく、「大きく下げた後、戻りをみせた時点での買い参入」が利益を上げる確立を高くするのだと思ってます。

円を除けばドル安方向で相場は進んでいますので、今夜の米国経済指標の発表は注意が必要ではないでしょうか。


さてカワセミの昨日のFXは「自分で自分を褒めてあげたい」くらい、旨く行きました。

昨日の記事に書いていたように、先の暴落時に97.60円で買っていた豪円を99.50円で売却し利益確定した後に、昨日の円高が進んでまさにギリギリセーフで難を逃れる事が出来ました。

100円まで行く可能性も有った豪円を売るのに躊躇も有ったのですが結果オーライです。d(^-^)

そして今、又もや円が買われている中、豪の消費者物価前年比が2.4%(予想3.0%)と弱い数値が示されたため、現在97.52円と大きく下げています。

戻りをみせたらユーロ円か豪円で買ってみるのも面白いと考えてますが・・・・

ブログランキング

本日午後からの経済統計                   予想
16:30 リーブシャー・オーストリア中銀総裁講演
16:45 ガルガナス・ギリシャ中銀総裁講演
17:00 ユーロ圏・2月経常収支(季調済)          +11億EUR
18:00 ユーロ圏・2月製造業受注 【前月比】         +1.0%
18:00 ユーロ圏・2月製造業受注 【前年比】         +7.6%
21:30 加・3月景気先行指数(前月比)             +0.5%
22:00 カナダ政策金利発表                   4.25%

23:00 米・4月CB消費者信頼感指数              105.0
23:00 米・3月中古住宅販売件数              640万件

YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
昼前に米大手格付け会社のS&Pが日本の格付を「AA-」から「AA」に格上げと発表。

結果、円が買われて、現在ドル円118.26円、豪円98.70円、ユーロ円160.70円

朝の豪円売り大正解でした。d(^-^)

くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)


本日午後からの経済統計                   予想
17:30 英・3月マネーサプライM4(速報値)【前月比】    +0.8%
17:30 英・3月マネーサプライM4(速報値)【前年比】    +12.5%
4/24
10:30 豪・消費者物価-1Q                   0.6%
10:30 豪・消費者価格-1Q(前年比)             3.0%


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
ゴールデンウィーク前の一週間が始まりますね。

本日の為替相場は東京タイムも欧米タイムも重要な経済指標発表の予定は無く大きくは荒れないのではないかと思っています。

特別なニュースが流れない限りレンジ内での動きに終始するだろうとの予測です。

そこで自分のポジションをどうするかですが、先週の暴落時に97.60円で買った豪円を売却することにします。

朝方も99.51円まで行ってます、そして今現在99.47ですので99.50円で売りを指してます。

豪円はこのまま100円をクリアして101円まで行く可能性も高いのですが、順調に行かないのが為替相場だと云う事は過去の事例や失敗から十分理解してますので一旦利益確定します。

今週は相場への積極的参加は見送って、連休明けに集中した方が良いのではないかと思っているのです。

ただもし先週みたいな暴落が有れば当然、戻り様相からの買いに入ります。

再度の暴落が起きる事を望んでいるのですが・・・


話は変わりますが、最近は○○式トレード法とか△△式為替等の教材が大流行で彼方此方のブログで賑わってますね。

叱られるかもしれませんが、カワセミは為替の基本を書いている本や上手な人の本を数冊読む程度で良いのではないかと思っていますがどうなんでしょう?

そして「個人投資家は常に相場に参加するのではなく、勝てる可能性の高い相場にのみ参加する。」くらいのスタンスで良いのではないでしょうか。


再度話が変わりますが、FXで稼いだ利益を申告しないで告発された主婦がいましたよね。

その主婦の場合は3年間で約4億円の利益と多大だった事も有りますが、この事件を元に、今後税務当局は益々FX取引に目を光らせてくるものと思われますよ。

くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)


本日午後からの経済統計                   予想
17:30 英・3月マネーサプライM4(速報値)【前月比】    +0.8%
17:30 英・3月マネーサプライM4(速報値)【前年比】    +12.5%
4/24
10:30 豪・消費者物価-1Q                   0.6%
10:30 豪・消費者価格-1Q(前年比)             3.0%


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
16日
・ G7後の円安安心感から円が売られ、ユーロ円は 162.30円台まで続伸

17日
・ ドル安進行でユーロドルは 1.36ドル、ポンドドルは2.00ドル台まで上昇

18日
・ ユーロ円は利益確定売りで一時160円台へ下落、その後161.50円台半ばまで上昇

19日
・ 中国の利上げ観測から円が買われ一時ユーロ円は160円割れ、しかしすぐに回復をみせ161円台へ復活。
・ 豪円も2円近くの下落で97.50円割れの後、その日の内に99円近くに回復

20日
・ 激しかった週初めから一転して平静なる相場


G7が終わった後の今週の動きを振り返ってみると、円安安心感からの円安と景気懸念からのドル安が進行し、その流れは激しい動きだった事が強く印象に残っています。

来週は如何なる相場が待っているのか?

カワセミ予想として掲げる今年のドル安はこのまま続くのか?

このまま進行するとドルは円に対しても値を崩していくのか?

来週も楽しみです。 d(^-^)

くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)



YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
ユーロドル、じわじわと上昇

ユーロドルは、じわじわと上昇して1.3640手前へ続伸。
ユーロ円も連れ高となり、161.90円台を回復

■ウェーバー・独連銀総裁発言
・ 物価動向を注視しており、必要なら行動する
・ ドイツ、ユーロ圏ともに先行きの景気見通しは堅調

■キングBOE総裁発言
・ 短期的な要因が落ち着けばCPIはターゲットに近い水準になると予想している
・ インフレを2%に戻す確固たる決意をもっている

業界最大手とも云える外為どっとコム が、7月から手数料無料の『FXトレード口座』を始めるそうです。


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
 昨日の為替相場は激しすぎます。正直ビビリました。

ユーロ円を160.80円で買っていたのに損きりラインの160.30円はあっさり撃破され、なんと159.60円まで下落してます。

先日の利益の半分以上を持っていかれショックです。°°・(≧△≦)・°°わーん

現在は161.38円と値を伸ばしているので、そのまま持っていれば良かったのですね・・・

でも、損きりは必要です。

今回はたまたま戻ったけど、何処まで下げるか解らない状況の下で放置すると、とんでもない損失を被る事にもなりかねません。

今回の損きりは失敗だったけど正解です。???

しかし、転んでただでは起きません。

かなり落ちていた豪円が98円割ってたので97.60円で買ってみました。

根拠は2円近くも落ちていて落ちすぎだと思った事と、FXプライムの為替情報のテクニカル分析でも支持線1が98.00、支持線2が97.55円になってたものですから、ここは買いだと判断しました。

結果は大成功で現在99.10円です。トレールで損きりを押さえながらも100円クリアと101円到達を見込んで保持してます。d(^-^)

業界最大手とも云える外為どっとコム が、7月から手数料無料の『FXトレード口座』を始めるそうです。


昨日の東京タイムの暴落は上海総合指数が急落したためで、投資家に先の世界同時株安を連想させたのが要因となったようです。

その上海総合指数は落ちたのは中国の1-3月期のGDP成長率が前年同期比+11.1%と市場予想を上回る高い伸びを示し、中国人民銀行の利上げ観測が強まったためと思われます。

ただ、夜になるとその流れも落ち着き欧州勢の要人発言も有ってユーロを中心に大きく値を戻す動きをしています。

■ユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相発言
・ ユーロ相場の輸出産業への影響は限定的に留まっており、高過ぎる水準とはいえない

■シュタインブリュック独財務相発言
・ 独輸出企業は、ユーロ相場に振り回されておらず、20-21日のEU財務相理事会でユーロ高問題を提起する考えはない

クロス円は現在完全に値を戻してますがドルだけは値を下げてます。

円に対してだけは値を戻しているだけです。

ドルについては要注意かもですよ。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                  予想
17:30 英・3月小売売上高指数 【前月比】        +0.5%
17:30 英・3月小売売上高指数 【前年比】        +4.7%
21:30 加・2月小売売上高(前月比)            -0.2%
21:30 加・2月小売売上高(コア)(前月比)         +0.5%
01:00 ポールソン・米財務長官講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
円、大幅買戻し

ドル円117.60円まで下落、豪円は2円近くも下落

日銀の5月利上げ観測や中国人民銀行の動向への憶測に基づく円買いにより、117.76円まで下落。

福井日銀総裁の「CPIは先行きはプラス基調を続けていく」発言も影響を及ぼしているのか?

■日銀地域経済報告
・ すべての地域で拡大または回復方向の動きが続いている
・ 地域差はあるものの、全体として緩やかに拡大
・ 判断は9地域すべてが据え置き

■福井日銀総裁発言
・ CPIは先行きはプラス基調を続けていくと予想
・ 息の長い成長が続く可能性が高い
・ 経済、物価情勢を丹念に点検し、金融政策を適切に運営

悲しいことです。又も長崎市の市長が銃で撃たれ死亡されてます。

本来、長崎は平和な街なんです。他の街に見られるような風俗関係の店も殆んど無く、普段は健全で明るい街として安心してすごせるのです。

それが今回のような事件が起ってしまって・・・

伊東市長が撃たれた時、市長の奥様は顔をくしゃくしゃにしながらも「この人です、この人です」と叫びながら犯人の足を離すまいと必死にしがみついていたそうです。

ご主人の安否を気遣いながらも、又、御自分を危険に晒しながらも、理不尽な犯人を逃してはならないとの思いから取られた勇敢な行動だと思います。

長崎では前の本島市長も十数年前、銃で撃たれる事件が有りました。

長崎市の市長は被爆地の市長として、核に抗議し平和を訴える人が歴代なっているます。

そのため、暴力団の脅しや不当な要求には一切応じない毅然とした態度が暴力団の反発を買いこのような事件を引き起こすのでしょうか?

絶対に許せません。

もう一度云わせて頂きます。普段の長崎はのんびりとした平和な街なんです。

伊藤市長のご冥福をお祈りいたします。

ブログランキング


為替ですが、米有力レポートが、来月の日銀による利上げを予想するレポートを出したとの噂や、ここ最近の円安で利益を上げた海外ファンド勢などの利食い売りの利益確定から円が買われて、ドル円で118.10円まで、ユーロ円で160.50円まで下落しました。

しかしウェーバー独連銀総裁発言でも見られるように、ドイツ経済の好調さが意識されユーロ圏の利上げも確実視されていることからユーロは買い戻され161.50円を回復しています。

今朝方は日銀支店長会議における福井日銀総裁発言で、今度は円が買われてますが仮に日銀の利上げが有ったにせよユーロとの金利差が埋まるわけではなく、今後は調整を含みながらもユーロ円は上昇して行くものと考えられます。

■ウェーバー独連銀総裁発言
・ 今年のドイツ経済成長率、2%を上回る見込み
・ ドイツの経済成長は緩やかなペースで継続していく
・ 民間部門の消費に明るい兆候が見られる
・ 景気の上振れは、まだ熟成段階には到達していない
・ 景気の上振れはインフレに多大な影響を与えていない
・ 景気上振れによる物価リスクを無視してはならない
・ 支払価格の上昇、2次的リスクの可能性は高まった
・ ドイツ経済の加速は、自然な経済サイクルを逸脱したものではない
・ ドイツ経済の潜在成長率が上昇した兆候はない
・ 世界経済の状況は非常に堅調だ
・ 米経済の失速が世界経済に悪影響を与える事はないだろう

■福井日銀総裁発言
・ CPIは先行きはプラス基調を続けていくと予想
・ 息の長い成長が続く可能性が高い
・ 経済、物価情勢を丹念に点検し、金融政策を適切に運営


さてカワセミの昨日のFXですが昨日はユーロ円を161.19円で買い参入しました。その後のお昼頃161円まで下落したのですが、15:00頃161.60円まで上昇しました。

その後下げ始めたので161.40円での売却です。後で考えると、この21銭抜きが成功の基点でした。

どんどんとクロス円が下げて行き、ユーロ円は160.40円までの下落です。

その後160.60円辺りで停滞したので、再び160.62円でユーロ円買いに参入です。

上下50銭で売指して寝たのですが高値161.53まで上がっていて、カワセミの売りも161.12円で決済されてました。

結果2度美味しい目に有ったのですが3匹目のドジョウが居るのか?

再び160円を切り現在160.76円です。ここは買いです。よって今、160.80円で買いました。

4月16日記事で「今年のカワセミ予想のドルは下がる・ユーロ・資源国通貨は上がるでは有りますが、過去相場の常として一挙に上がった後は半値の下げが有る事が多いことを念頭に入れて様子見をしたいと考えます。 」と書いたようにここ何日かは上下に振れながらユーロや資源国通貨は上昇して行くものと思っています。

皆さんはどのように考えてますか?

話は変わりますが、くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)


本日午後からの経済統計                  予想
15:00 独・3月生産者物価指数 【前月比】        +0.4%
15:00 独・3月生産者物価指数 【前年比】        +2.7%
17:00 ユーロ圏・4月ECB月報
17:00 ゴンサレス・パラモ・ECB専務理事講演
18:30 ビーニ・スマギ・ECB理事講演
20:00 加・3月消費者物価指数 【前月比】        +0.6%
20:00 加・3月消費者物価指数 【前年比】        +2.1%
20:00 加・3月消費者物価指数(コア) 【前月比】    +0.2%
20:00 加・3月消費者物価指数(コア) 【前年比】    +2.3%
21:30 米・新規失業保険申請件数            32.0万件
21:30 加・2月卸売売上高(前月比)             +0.1%
23:00 米・3月景気先行指数(前月比)           +0.1%
01:00 米・4月フィラデルフィア連銀景況指数        2.0
04:50 イエレン・米サンフランシスコ地区連銀総裁講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
18日追伸

海外ファンド勢などの利食い売りが活発化か?

クロス円安値進行中です。

昨日は福井日銀総裁の「為替市場で一方向に偏る取引のリスクを認識することは重要である。」発言がG7後のECBのトリシェ総裁の発言と共に気になって追伸記事を載せましたが、今のところ特別な動きはみせてません。

昨夜は米国3月コア消費者物価指数が前月比+0.1%(予想+0.2%)と弱い数値が示されドル下落です。

最も昨夜発表後から下げ始めたのではなく、東京タイムから下げ始めてはいたのですが。

ドルが下がった分、上昇しているのがポンドやユーロでありユーロドルは1.3590を一旦クリアしてます。

この調子だと1.3600クリアは時間の問題でしょう。ユーロドルも1.5000を目指して走るのでしょうか?

極端すぎると思われるかもしれませんが、カワセミは本気で思っているのです。

本日は米国経済指標の発表が無いので、注目は240円超え目前のポンドに集まるのかもしれないですね。

英国経済指標が失業率・平均所得・製造業単位労働コストと発表される予定です。

英国3月の消費者物価指数が、英国中央銀行が定める2.0%を+1.1%も上回る3.1%となった事でポンド・ドルが2.0076ドルまで上昇、ポンド・円も239円45銭まで上昇してます。

英国中央銀行のキング総裁はブラウン財務相に対し書簡で「インフレ期待を2%の目標に戻すよう金利を設定する。」と表明してますし、BOEの次の5月10日会合で利上げするのではないでしょうか。

利上げするとしたらポンドも高金利通貨の仲間入りですね。


さてカワセミのFXですが、今朝方ドル下落に伴って落ちてきたユーロ円を拾ってみました。

161.19円での買い参入です。自分なりの根拠は「特別なことが無い限りユーロ円は上がって行き再度162円に挑戦するだろう。」との考えです。

161.19円指値の根拠は昨日のFXプライムの為替情報>テクニカル分析一覧でユーロ円のストップロスが(161.15) となっていたためです。

期待通り162円まで伸びて行ってくれるだろうと思ってますが「結果は神のみぞ知る。」です・・・・


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                  予想
14:00 日・2月景気動向指数(確報値) 【先行】      27.3%
14:00 日・2月景気動向指数(確報値) 【一致】      15.0%
16:00 メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁講演
17:30 英中銀(BOE)金融政策委員会議事録
17:30 英・3月失業率                     2.9%
17:30 英・3月失業者数変化              5,000人減
23:00 ポールソン・米財務長官上院財政委員会で証言 
23:00 トリシェ・ECB総裁講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
4月17日追伸

■福井日銀総裁発言
・ 消費が堅調といえない背景に賃金の伸び悩み
・ 団塊世代の引退が消費基調に何がしか影響している
・ 一人あたりの賃金の伸び率も上向く方向にある
・ 良質な労働力への需要高まり、賃金の上昇圧力高まっていく
・ 為替市場で一方向に偏る取引のリスクを認識することは重要である

最後の赤文字部分はG7閉幕後にECBのトリシェ総裁が発言した「経済動向の意味するところが市場参加者に認識され、彼らのリスク評価に織り込まれる」との発言と「われわれが認識しているリスクには、おそらく市場でみられることになる調整が、スムーズで秩序だったものではなく、突然、急激に起きるというリスク。」と似てませんか?

其の辺の話が有ったのでしょうか?

気になります・・・・

G7財務相・中央銀行総裁会議が終わり市場はドル安・円安で落ち着いてしまったようです。

G7を振り返って会議の中は覗けないにしても公表されてない部分で何が話されたのか気になるところです。

私自身としては今回のG7は余りにも平穏無事に終わりすぎたのではないかと思うのです。

米国経済の軟着陸(ソフトランディング)を成功させなければ世界経済の痛手となるのは解っていても、現在のところ打つ手がなかった。

今や世界経済に大きな影響力を持つ中国が参加してなかった。

円安懸念を持ちながらも日本のデフレ懸念も払拭されておらず、日本の政策金利上昇も難しい中、円キャリートレードの進行を防ぐ手建てがなかった。

そう云った中では現状維持を認めるしか策がなかったのかもしれません。

策が無ければ為替も市場に任せる事になるのでしょうか。


今年のカワセミ予想「ドルは下がる。」・「ユーロ・資源国通貨は上がる。」ですが、ユーロドルは既に1.35をクリアしています。

このまま行くと1.5を目指すのでしょうか?

過去記事にも書いてますがユーロ円は170円をクリアすると思ってますので今年の収益源にしたいですものです。

しかし昨日の記事にも書いているように、過去相場の常として一挙に上がった後は半値の下げが有る事が多いことを念頭に入れておく必要も有りますよ。


話は変わりますが、くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。

課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。

今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)


本日午後からの経済統計                  予想
17:30 英・3月消費者物価指数 【前月比】         +0.3%
17:30 英・3月消費者物価指数 【前年比】         +2.8%
17:30 英・3月消費者物価指数(コア)(前年比)      +1.8%
17:30 英・3月小売物価指数 【前月比】          +0.5%
17:30 英・3月小売物価指数 【前年比】          +4.6%
17:30 英・3月小売物価指数(コア)(前年比)        +3.7%
18:00 独・4月ZEW景況感調査                10.0
18:00 ユーロ圏・4月ZEW景況感調査             8.0
18:00 ユーロ圏・2月貿易収支(季調済)        +6億EUR
21:30 米・3月消費者物価指数 【前月比】 +0.6%
21:30 米・3月消費者物価指数 【前年比】 +2.8%
21:30 米・3月消費者物価指数(コア) 【前月比】     +0.2%
21:30 米・3月消費者物価指数(コア) 【前年比】     +2.6%
21:30 米・3月住宅着工件数               149.5万件
21:30 米・3月建設許可件数               151.0万件
21:30 加・2月製造業出荷(前月比)             ±0.0%
21:30 プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁講演
22:15 米・3月鉱工業生産(前月比)             ±0.0%
22:15 米・3月設備稼働率                   81.9%
00:00 トリシェ・ECB総裁講演
01:30 ガイトナー・米ニューヨーク連銀総裁講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
G7で円安について特別な声明やコメントが無かったことから円の全面安です。

G7の為替に関する言葉としては「経済のファンダメンタルズを反映すべきだ。」を中心とした考えに集約された結果となっています。

このため、投資家が円キャリートレードを再開する様相が強まって、更なる円安方向へと進む可能性が高まったとみています。

しかし、みんなが同じ方向(円安)を向いた時には逆方向へ向かうことが過去の事例では多く発生している事でも有りちょっと注意が必要かもです。

さてカワセミのFXですが、先週末のトレードにおいてG7前の市場心理予想を捉えきれたお陰で豪円買い・ドル円売り共旨く行きかなりの利益を得る事が出来ました。

こんな時には「それ行けドンドン」?
いやいや、「こんな時こそ慎重に」が良いと思っています。

今年のカワセミ予想の「ドルは下がる。」・「ユーロ・資源国通貨は上がる。」では有りますが、過去相場の常として一挙に上がった後は半値の下げが有る事が多いことを念頭に入れて様子見をしたいと考えます。


■ G7要人発言

トリシェECB総裁
・ 日本のファンダメンタルズが非常に心強く、これが為替市場にも反映されるだろう。

ポールソン米財務長官
・ 強いドルが米国の利益米経済は健全
・ サブプライムモーゲージについては注視しているが、経済全体に大きな影響はない模様

福井日銀総裁
・ 経済・物価情勢の変化に応じて徐々に金利水準を調整する

【追記】
実は・・・・・
ブログ左サイトに有るQRコードの意味を最近まで知りませんでした。(´_`;)

携帯でインターネットを見る習慣が無いものですから・・・

人に云われて初めて「あ~そうなんだ。」と気付いたしだいです。
スミマセン。ペコペコ

モバイルでも見れるようにサイトをいじくったつもりですけど・・・
自分の携帯で見て、これで良いのか・・・・善く解りません。

どうなんでしょう?もう少し機能を付けた方が良いのでしょうか?

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                  予想
13:30 日・2月鉱工業生産(確報値) 【前月比】      -0.2%
15:00 独・3月消費者物価指数(確報値) 【前月比】   +0.3%
15:00 独・3月消費者物価指数(確報値) 【前年比】   +1.9%
17:30 英・3月生産者物価指数(コア) 【前月比】     +0.2%
17:30 英・3月生産者物価指数(コア) 【前年比】     +2.7%
17:30 英・3月生産者仕入価格 【前月比】         +1.0%
17:30 英・3月生産者仕入価格 【前年比】        +0.2%
17:30 英・3月生産者出荷価格 【前月比】         +0.3%
17:30 英・3月生産者出荷価格 【前年比】         +2.2%
18:00 ユーロ圏・3月消費者物価指数 【前月比】     +0.6%
18:00 ユーロ圏・3月消費者物価指数 【前年比】     +1.9%
18:00 ユーロ圏・3月消費者物価指数(コア)(前年比)  +1.9%
19:30 プール・米セントルイス連銀総裁講演  
21:30 米・3月小売売上高(前月比)             +0.5%
21:30 米・3月小売売上高(コア)(前月比)         +0.8%
21:30 米・4月ニューヨーク連銀製造業景気指数       7.3
21:45 プロッサー・米フィラデルフィア連銀総裁講演  
21:45 ノワイエ・仏中銀総裁講演 
22:00 米・2月対米証券投資収支           +815億ドル 
22:45 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演  
23:00 米・2月企業在庫(前月比)              +0.3%
01:00 トリシェ・ECB総裁講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
FX取扱業者の手数料、スプレッド、レバレッジの比較をしています。
FX業者を比較して自分にあった取引業者選びにお役立てください。
もちろん資料請求・口座開設は無料です!

ホームへ
FX外国為替業者比較・手数料・スプレッド・レバレッジ・初回入金額
FX外国為替証拠金取引会社 1万通貨単位の取引手数料 USD
/JPY
スプレッド
レバレッジ 初回入金
通常取引 デイトレ
新規建 決済 新規建 決済
AFT-FXダイレクトトレード 0 0 0 0 3 100倍 30万円
121FX 0 0 0 0 3 約100倍 5万円
外為オンライン 0 0 0 0 3 200倍 0.5万円
FX Online 0 0 0 0 5 200倍 0円
フェニックス証券  0 0 0 0 5 20倍 5万円
アクロスFX 100 100 100 0 3 設定なし 0円
田ハーローFX 200 200 200 0 4 設定なし 3万円
為替マーケット 200 200 200 200 5 50倍 5万円
FX-REAL 太平洋物産 250 250 250 250 5 設定なし 5万円
オリックス証券 300 300 300 300 3 20倍 取引数量+5%
外貨ex 300 300 300 0 4 100倍 1万円
aim明治FX 400 400 400 0 5 設定なし 10万円
外為どっとコム 500 500 500 0 4 20倍 0円
トレイダーズ証券 500 500 500 0 3 33倍 30万円
日本ファースト証券 500 500 500 0 3 設定なし 8万円
三井物産フューチャーズ 500 500 500 0 3 設定なし 20万円
FXプライム 500 500 500 200 4 46倍 0円
セントラル短資オンライントレード 500 500 500 500 5 20倍 10万円
三菱商事フューチャーズ 500 500 500 0 5 設定なし 5万円
マネックス証券 1000 1000 1000 0 4 10倍 0円
掲載内容はカワセミ自身で確かめたものであり、正確性には万全を期していますがその正確性を必ずしも保証するものではありません。又、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねますので、ご了承ください。
FX取扱業者の手数料、スプレッド、レバレッジの比較をしています。
FX業者を比較して自分にあった取引業者選びにお役立てください。
もちろん資料請求・口座開設は無料です!
カセミのお奨めFX会社はAFT-FXダイレクトトレード121FXです
AFT-FXタイレクトトレードの紹介記事はこちら>gt;>gt;>

121FX紹介の記事はこちら>>>
ホームへ

FX会社比較:手数料・スプレッド
FX外国為替証拠金取引会社 1万通貨単位の
取引手数料
USD
/
JPY
スプ
レッ
EUR
/
JPY
スプ
レッド
AUD
/
JPY
スプレッド
NZD
/
JPY
スプレッド
EUR
/
USD
スプレッ
通常取引 デイトレ





決済
AFT-FXダイレクトトレード 0 0 0 0 3 4 5 7 3
121FX 0 0 0 0 3 5 5 8 2
外為オンライン 3 4 6 9 3
FX Online 5 5 10 10 5
フェニックス証券  0 0 0 0 5 5 10 10 5
三貴商事 FX24 0 0 0 0 4 6 7 8 5
アクロスFX 100 100 100 0 3 5 5 8 5
為替マーケット 200 200 200 200 5 5 8 10 4
上田ハーローFX 200 200 200 0 4 5 6 7 4
FX-REAL 太平洋物産 250 250 250 250 5 5 8 10 4
オリックス証券 300 300 300 300 3 4 5 7 3
外貨ex 300 300 300 0 4 5 5 8 5
aim明治FX 400 400 400 0 5 5 8 10 無し
ひまわり証券 500 500 0 0 5 5 5 8 5
外為どっとコム 500 500 500 0 4 5 5 8 5
FXプライム 500 500 500 200 4 4 6 8 無し
セントラル短資OT 500 500 500 500 5 5 5 7 5
トレイダーズ証券 500 500 500 0 3 5 5 8 3
日本ファースト証券 500 500 500 0 3 5 6 6 無し
三菱商事フューチャーズ 500 500 500 0 5 5 8 8 5
三井物産フューチャーズ 500 500 500 0 3 5 5 8 5
マネックス証券 1000 1000 1000 0 4 5 5 8 5
クリック365取扱会社
三貴商事 クリック365 88 88 88 88 3 4 5 6 無し
ハーベストフューチャーズ 88 88 88 88 3 4 5 6 無し
コスモ証券 150 150 150 150 3 4 5 6 無し
スターアセット証券  210 210 210 0 3 4 5 6 無し
ばんせい証券   420 420 420 0 3 4 5 6


掲載内容はカワセミ自身で確かめたものであり、正確性には万全を期していまがその正確性を必ずしも保証するものではありません。又、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねますので、ご了承ください。
FXで利益を挙げて悩むのが税金です。一般的なFX外国証拠金取引は総合課税されますので、収入の多い人は益々税率が高くなります。

そんな人に向いているのがクリック365です。今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

お奨めはスター為替株式会社です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。


くりっく365とは
税率表はこちら>>>
クリック365取扱会社比較はこちら>>>
ホームへ


以下は税率表です。
税率(所得税+市町村民税+都道府県民税)概算表…定率減税適用前
所得金額 くりっく365(申告分離課税) 非取引所取引(総合課税)
200万円以下 20% 15%
200万円超330万円以下 20%
330万円超700万円以下 30%
700万円超900万円以下 33%
900万円超1800万円以下 43%
1800万円超 50%
掲載内容はカワセミ自身で確かめたものであり、正確性には万全を期していますがその正確性を必ずしも保証するものではありません。又、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねますので、ご了承ください。
外国為替証拠金取引は2005年7月より金融庁の規制対象商品となりました。それまでは法的な規制がなかったため、悪徳な業者による被害が後をたたす、外国為替証拠金取引をより安全に行なうために公設市場が設けられたのです。

くりっく365とは、その取引所を介しての外国為替証拠金取引のことをいいます。

安全性と税金面を重視して取引を行なうならば、くりっく365が有利と考えます。

【メリット】
①証拠金が全額保護される
②スワップポイントは売りも買いも同じ金額
③税率が一律20%で済む
④損失の3年間の繰越控除OK
⑤証券先物・商品先物との損益通算OK

【デメリット】
①通貨ペアが少ない(7通貨ペア)
②週末に未約定注文が失効
③返済売買の発注にも保証金が必要

所得金額330万円超の人は税金面でみればクリック365が有利です。

クリック365のFX会社を以下に記します。
スター為替株式会社はこちら>>>
三貴商事【INV@ST】はこちら>>>
ハーベストフューチャーズはこちら>>>
コスモ証券はこちら>>>
ばんせい証券はこちら>>>


くりっく365とは
税率表はこちら>>>
クリック365取扱会社比較はこちら>>>
ホームへ


お気に入りに登録お願いします!



FX取扱業者の手数料、スプレッド、レバレッジの比較をしています。FX業者を比較して自分にあった取引業者選びにお役立てください。
もちろん資料請求・口座開設は無料す!
カワセミのお奨めFX会社はグリーンで塗ってます。「所得税の多い人はくりっく365有利かも」は こちら>>>
「税金対策に有効なクリック365とは」は    こちら>>>
ホームへ
くりっ365取扱会社・手数料・スプレッド・レバレッジ・初回入金額
FX外国為替証拠金取引会社 1万通貨単位の取引手数料 USD/
JPY
スプレッド
レバレッジ 初回入金 資金管理
通常取引 デイトレ
新規建 決済 新規建 決済
スター為替株式会社 210 210 210 210 3 設定なし 0円 4時間以内に取引所に預託され業者リスクに左右されない
三貴商事(キャンペーン) 147 147 63 63 3 設定なし 0円
コスモ証券 365 365 365 無料 3 設定なし 0円
ハーストフューチャーズ 210 210 210 0 3 設定なし 0円
ばんせい証券 420 420 420 0 3 設定なし 0円
掲載内容はカワセミ自身で確かめたものであり、正確性には万全を期していますが、その正確性を必ずしも保証するものではありません。又、サイト内情報を利用した結果に対しての責任は負いかねま
ワシントンで開催された7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)が閉幕しました。

声明文はの主な内容は
・ 世界経済は過去30年以上の間で最も力強く持続的拡大をしている
・ 多額かつ増加する経常収支黒字を有する新興市場国、特に中国の実効為替レートが、必要な調整が進むように変動することが望ましい
・ 日本経済の回復基調は続いている
・ 為替レートを引き続き注視していく
・ 為替相場の行き過ぎた変動は好ましくない


以上のように囁かれていた円安・ユーロ高に関するものは含まれてません。

声明文の市場観測も円安には触れられないだろうとの憶測が強くあったため、なんとユーロ円は高値161.40円への跳ね上がり、ユーロドルも1.355へ跳ね上がりをみせてます。

しかし、用心してください。ECBのトリシェ総裁はG7閉幕後の記者会見で「円については、日本のファンダメンタルズが非常に心強く、これが為替市場にも反映されるだろう、また反映されるべきだという意見が出た」と述べてます。

それよりももっと気になるのは「経済動向の意味するところが市場参加者に認識され、彼らのリスク評価に織り込まれる」との発言と「われわれが認識しているリスクには、おそらく市場でみられることになる調整が、スムーズで秩序だったものではなく、突然、急激に起きるというリスク」とも発言していることです。

「おそらく市場でみられることになる調整が、スムーズで秩序だったものではなく、突然、急激に起きるというリスク」ですよ。

「この言葉の意味合いは何処に有るのか?」「何を根拠に?」「G7の中で何が話されたのか?」非常に気になる処です。


さてカワセミのFXですが、旨くチャンスを掴むことが出来ました。

先日からの記事に書いてましたが、119.50円で入ったドル円売りが昨日の夕刻には118.20円までの下落を見せてくれました。

笑いが止まらない状況の中、118円割れも有かもと期待をしてまして、ワクワクドキドキの相場でした。

残念なことに夕刻以降は値を戻し始めたので118.56円で決済です。

決済後、豪ドルやユーロ円の買いを考えたのですがG7の行方が心配で買いに入れていません。

この時買っていれば大きな利益を得られたのに・・・
今回市場の事前予想に乗ってユーロ買いをしてた人はかなりの利益を出したのでしょうね。

まっ、欲はかき過ぎず、程々で負けない相場参加が一番と思い満足する事にします。

それにしても今回のドル売りはドンピシャでした。

G7声明に対する市場参加者の恐怖心から、ドル売りが始まるとの考えを元にドル売り指しです。

指値はFXプライムの為替情報で、その時の抵抗線2がターゲット[119.50] となっていたので、119.50円でそのままドル売り指し。

結果ドンピシャでドル売り成約、大成功です。d(^-^)

今後の戦略は来週にでも書きますね。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
「米大手証券グループのモルガン・スタンレーが全日本空輸が国内に保有する13ホテルを一括して購入する」!!!

なんか、驚きです。全日本空輸のホテルと言ったら、あの全日空ホテルなの?

全日空ホテルの一部なんだろうけど、なんだか外資に取られたように感じるのは私が狭い心の日本人だからなのでしょうか。

グローバルな考えを持たなければならないのは十分解っているのですが・・・


話を為替に戻せば、昨夜はトリシェECB総裁の定例記者会見が注目されていました。

トリシェECB総裁発言の中に「円は経済ファンダメンタルズを反映すべき」と述べてますので、今日から始まるG7でも当然、円安が議論されるのではないでしょうか。

G7参加者から円安が議題に上ることを示唆するような発言が有れば、対ユーロを中心に円が買い戻される可能性が高いので注意が必要だと思っています。

しかし、別の見方をすれば、一時的に円高へ振れてくれれば其処が外貨の拾い処となるのは間違いないでしょう。

たとえG7で円安・ユーロ高をけん制したとしても金利差は拡大する可能性が高いことに変わりなく、円の買い戻しは一時的なものとなると考えるからです。

不謹慎かもしれませんが、為替相場に限って言えば、G7に参加する経済要人の円安・ユーロ高牽制発言を期待しているのです。d(^-^)

ブログランキング


カワセミのFXは98.14円で買った豪円をつい先程98.92円で売却しました。99円に乗せた後やや下げてますので利益確定をした方が良いと考えたものですから。d(^-^)

119.50円で入ったドル円売りも現在118.90円と順調です。これは上記で述べたとおりの考えを元にしてますので来週まで保持する予定です。

シナリオどおり旨く行けば大きな利益になると期待してるのです。d(^-^)



「ドル売り仕掛けが、なぜ指値が119.50円だったのか?」FXプライムの為替情報でその時の抵抗線2がターゲット[119.50] となっていたものですから。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                  予想
18:00 ユーロ圏・2月鉱工業生産 【前月比】       +0.4%
18:00 ユーロ圏・2月鉱工業生産 【前年比】       +4.1%
21:30 米・3月生産者物価指数 【前月比】        +0.7%
21:30 米・3月生産者物価指数 【前年比】        +3.0%
21:30 米・3月生産者物価指数(コア) 【前月比】    +0.2%
21:30 米・3月生産者物価指数(コア) 【前年比】    +1.8%
21:30 米・2月貿易収支               -600億USD 
21:30 加・2月貿易収支                +60億CAD 
23:00 米・4月ミシガン大学消費者信頼感指数(速報値)  87.5
02:00 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演  
02:15 トリシェ・ECB総裁講演


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
円が売られています。

要因として円安はG7の主要議題にならないとの見方が多く出されている事や、ジョンソンIMF主席エコノミストが「円キャリートレードは単純な問題ではなく、強引な介入の必要性は無いとみている。」と述べたことが作用しているみたいです。

【ジョンソンIMF調査局長発言】
・ 人民元の上昇は中国経済の操作を容易にし、世界不均衡の解消を助ける
・ ユーロ通貨の上昇は欧州経済にとり今のところ懸念とならず
・ キャリートレードは一部で考えられているほど波乱要因とならず

それにしても前回のG7で多く聞かれた、欧州勢からの円安批判が全く聞かれないのは実に不気味です。

ユーロ円は160円を、ユーロドルは1.34ドルを楽々クリアして、ユーロ圏の輸出に多大なダメージとなっているのは間違いなく、これを口先介入もなしにG7を終わらせた時、欧州経済担当者は欧州圏経済界並びに各国民から強く批判されることになると思われます。

G7でサプライズが生じた時、週明けに円高・ユーロ安が一気に進む可能性は大きいのかも。

カワセミは、このままで終わるはずも無いと思うのですが・・・

人気blobランキング

さてカワセミの相場ですがユーロ円は159.60円まで落ちていたのですが、豪円と比較してどちらを買うか迷った挙句に断念しました。

迷った挙句の結果として買った98.14円で買った豪円は98.60円まで上昇した後、現在98.35円まで下げています。

この後オーストラリアの失業率や商品貿易収支の発表が有るので楽しみにして保持していますが損切りもしっかり入れておきます。

しかし前述したとおりG7前ですので、本日中には売却するつもりです。

それとG7前に入りたくて仕方が無かったドル売りにやっと入れました。

ドル売りで指していた119.50円に引っかかってくれたのです。これには大きな期待を寄せているのです。

急落があれば大きな利益になる可能性を秘めているドル売りだと思いませんか?

「なぜ指値が119.50円だったのか?」FXプライムの為替情報で抵抗線2がターゲット[119.50] となっていたものですから。

見事に119.53円で折り返しています。d(^-^)

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                  予想
17:30 英・2月貿易収支 64億ポンドの赤字
18:00 ユーロ圏・第4四半期GDP(確報値) 【前期比】  +0.9%
18:00 ユーロ圏・第4四半期GDP(確報値) 【前年比】  +3.3%
20:45 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表          3.75% 
21:30 トリシェ・ECB総裁会見 
21:30 米・新規失業保険申請件数            32万件
21:30 米・3月輸入物価指数 【前月比】         +0.8%
21:30 米・3月輸入物価指数 【前年比】         +2.3%
21:30 加・2月新築住宅価格指数(前月比)        +0.3%
07:45 NZ 2月小売売上高(前月比)            +0.5%


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
ユーロがついに160円を超えました。

カワセミは「今年投資するのはユーロや資源国通貨だと考えているのです。」と今年初めから言っていたのがここまでは大正解で推移しているようです。

ただ、自分自身のトレードが旨く云っているかと云えばそうでもなく、慎重になりすぎる性格からか、今回のユーロの上昇や資源国通貨の上昇を十分に捉えきれず大きな利益を逃しているのが現状です。

ポイント・ポイントでの利益を確定している現在のカワセミのトレード姿勢を守るか、それともスワップ利益も含めて考える長期投資にするのかを考えてみる必要が有るのかもしれません。

しかしこの考えは過去においても何度も繰り返して来た事で有って、今回に限ったことではないので気楽に考えた方が良さそうです。

G7も目前に迫ってますので「大きなイベント前には出来るだけポジションを少なくする。」で臨みます。

そして今週は昨日記事に書いたように「ドルが上がれば売りで入る、また、要人発言で円が買われたら、ユーロor資源国通貨の買いに入る。」で臨みたいと思います。

人気blobランキング

そうは言いながらも、昨日の朝はドルが50銭も下げたのにユーロや資源国通貨が下がらずヤキモキしました。

結局下がったのはドルだけだったので、仕方なく118.92円でのドル買いに参入し119.11円で売却する21ポイント抜きをしたに留まっています。

なぜドル買いで、なぜ118.90円だったのかについては

1、ユーロの通貨の下落が無かった
2、資源国通貨の下落が無かった
3、ドルのみの弱含みである
4、よって、大きな下げは無く一時的なもので有り、半値はすぐ戻す
5、FXプライムのテクニカル分析で支持線1が118.87円となっていた

以上の考えからデイトレしたのですが、やっぱりデイトレは疲れますね。

結果として119.27円まで上がってますがデイトレでは其処まで追えないから仕方が無いことです。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。紹介の記事はこちら>>>


本日午後からの経済統計                 予想
15:00 独・3月卸売物価指数 【前月比】         +0.5%
15:00 独・3月卸売物価指数 【前年比】         +3.1%
21:15 加・3月住宅着工件数              21.5万件
01:45 ラッカー・米リッチモンド連銀総裁講演
02:00 バーナンキ・米FRB議長講演
03:00 FOMC議事録
03:00 米・3月月次財政収支             -895億ドル
08:01 英 3月RICS住宅価格指数               21%
09:30 米 モスコウ・米シカゴ連銀総裁講演
10:30 豪 3月新規雇用者数               1.5万人増
10:30 豪 3月失業率                   4.6%


YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
金曜日から昨日までイースター休暇で欧州勢はお休みでマーケットが動きません。

欧米の皆さんもゆっくり休んでいるようです。

そんな中、本日は日銀の金融決定会合で金利発表ですが据え置きは間違いないようです。

関心は今後の日本経済を日銀がどう見ているのかです。よって日銀福井総裁の記者会見には注目です。

米国の経済状況も先週末の雇用統計が想定以上の改善を見せてはいますが、サブプライム問題、イラン情勢等と共に米国経済指標が好悪混在している状況に変わりなく為替相場の方向は見えづらい感がします。

カワセミが今週注目しているのは、G7に向けた各国経済要人の発言です。

欧州の経済要人はユーロ高と円安を懸念した発言を必ずやしてくるものと思っています。

各証券会社のアナリストは本日の相場でドル買いを奨めるような発言をしていますが、G7を前にしての外貨買いは疑問に思えてならないのですが・・・

【ニュース】
・ 米国商務省は、先日、中国製の紙製品の輸入に関して相殺関税を適用する仮決定を下したが、米通商代表部は、本日4/10、中国の2001年の世界貿易機構(WTO)加盟後初めて、著作権侵害の訴状を提出すると発表した。


さてカワセミの相場ですが、昨日の記事に書いたようにドル円119.35円の時にドル売りに入ろうと考えていて、FXプライム10:00発表のテクニカル分析一覧で抵抗線1が119.50円だったので119.45円で指してました。

結果、其処まで上がらず入れてません。現在119.10円です。119.35円で入っていれば良かったのでしょうがやむ無しです。

本日の方針は昨日同様、ドルが上がれば売りで入ろうと思っています。

また、要人発言で円が買われたら、ユーロor資源国通貨の買いに入ります。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。紹介の記事はこちら>>>


本日午後からの経済統計                  予想
12:00 日銀金融政策決定会合          政策金利を据え置き
15:00 日銀金融経済月報
15:00 独・2月貿易収支               +150億EUR
15:00 独・2月経常収支               +106億EUR
15:30 福井日銀総裁会見

どうしようも無い位、下落してます。ひと押しお願いします。→人気blobランキング

YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
今週の注目はなんと云っても13日にワシントンで開催される7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議です。

前回2月のG7では開催前に円安けん制発言が相次いでいましたが、今回はどうなのか?

カワセミは出ないはずが無いと思っています。

前回と違うのは円安のみならずユーロが他の通貨に比べて異常に高くなっていることです。

欧州の金融当局者が、このユーロ高を是正するための強烈な発言をする可能性は高いと考えられます。

その時は円高のみならずドル安についても発言をする可能性も高く、前回とは異色になるのかもしれません。


 さてカワセミの相場ですが、先週記事に書いていたように、金曜日は夕方からPCにかじりつきでした。

雇用統計発表前の各社の予想が強い予想を打ち出してきてたので、思い切って118.80円でドル買いをして、損きりを118.40円に置いて発表に備えたのが大当たりです。

21:30の発表時間に一気の上昇です。発表内容を確認する間も無く跳ね上がりました。

イースター休暇で参加者が少ないとは云え、注目される経済指標だったので流石に市場は注目していたようです。

跳ね上がった後は急に値動きが無くなったのは、欧米勢が休暇を楽しむため家に帰ったのでしょうか?

カワセミは徹夜覚悟でいたのに、肩透かしを喰らった感じでイライラ感が強まるばかりでした。

結局、諦めて2時前に119.31円で売却です。結構な利益です。d(^-^)


今週は先に述べたように、ユーロ勢のユーロ高牽制を考慮して円買いで攻めるのも面白いと考え、今日当りドル売りかユーロ売りで攻めてみようかと考えています。

現在ドル円で119.35円ですのでちょっと迷ってますが、もう少し上がったら売りに入りたい感じです。

まだFXプライムのテクニカル分析が出てないので、それを見てからにしたいと思っていますが。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。

抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。紹介の記事はこちら>>>


本日午後からの経済統計                   
14:00 日・3月景気ウォッチャー調査

どうしようも無い位、下落してます。ひと押しお願いします。→人気blobランキング

YAHOO経済ニュースを読む

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
デイトレードとは新規注文してから決済注文を出すのを一日の内に済ませるトレード方法(売買方法)の事です。

FXデイトレードの長所と短所
デイトレードは短期売買ですから基本的には小さな値幅を狙って取引をすることになります。

当然デイトレードは1時間単位や分単位などで、売り買いを繰り返し利益を積み重ねていくことでトータル的に大きなリターンを得ることも有りますが、リターンと同様にリスクも増すことも頭に入れて置かねばなりません。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
トレンドラインとは上昇相場であれば、安値と安値を結んだ線、下降相場であれば高値と高値を結んだ線をトレンドラインと呼びます。

トレンドラインはサポート・レジスタンスの水準を示してくれます。
上昇トレンドラインではサポート水準を、下降トレンドラインではレジスタンス水準を示してくれます。
上昇トレンドラインを割り込んで価格が下落すると上昇トレンドの終息、又は上昇力の低下を示し、
下降トレンドラインを割り込んで価格が上昇すると下降トレンドの終息、又は下降の勢いの低下を示しています。


トレンドラインの引き方
トレンドラインの引き方としては二点以上の安値(高値)を結べば良いわけですが、より有効的な
トレンドラインを引くためには3つ、4つの安値(高値)を結ぶというように多くの安値(高値)を結べるラインが良いでしょう。
それがなぜ有効的なトレンドラインなのかと言うと多くの安値(高値)を結べるという事は過去において何度もそのトレンドラインが示す価格以下(以上)に下がらない(上がらない)という事でサポート・レジスタンスとして十分に機能している事が確認できるという点です。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
トレンド(傾向・方向)は上昇トレンド 下降トレンド 横ばい、と三つに分けられます。

トレンドの定義はと言うと人それぞれ多少違うと思いますが、大まかにトレンド定義を定めるとしたら以下のように云えるのではないでしょうか。

・上昇トレンドとは下降よりも上昇の力の方が強い相場展開
・下降トレンドとは上昇よりも下降の力の方が強い相場展開
・横ばいとは上昇、下降どちらも同じくらいの力の相場展開

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ

テクニカル分析の中でもFXに有利であるといわれているのがスローストキャスティクスといわれるものです。

が、スローストキャスティクスを知るには、まずストキャスティクスのことを知っておく必要があります。

ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーンにより開発された分析法で、RSIと同様にオシレータ系指標の一つです。

ある期間内の最安値と最高値を基準にして現在の株価が最安値と最高値の間のどの位置にあるかを相対的に求める分析手法です。

簡単にいうと、逆張り系の指標といえます。数値は0%~100%の間を動き、一般的には20%に近ければ売られすぎという兆候があり、80%に近ければ買われすぎの兆候があるを示します。

このストキャスティクスの中で、株価に対する反応の遅いものがスローストキャスティクスと呼ばれるものなのです。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
MACDとは、Moving Average Convergence and Divergenceの略で、移動平均収束発散法といいます。通称はマック・ディーです。

MACDは、2本の指数平滑移動平均線を使ったオシレーター分析とトレンド分析を組合わせた分析です。

一般的には、MACDがシグナルを下から上に抜いたら買いサイン、MACDがシグナルを上から下抜いたら売りサインであるといわれています。

これはFX取引の中では一番大事な手法であると言われています。

FXをする上では、ぜひとも抑えておきたい分析手法といえるでしょう。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
値動きを予測するチャート分析の方法に、テクニカル分析というものがあります。

テクニカル分析とは、過去の価格や時間などから、将来の価格や相場動向を分析・予測するものです。

■FXチャートを使う
テクニカル分析にはチャートが必須項目です。

FXなどの外為をやる上でやはり知っておきたいのがチャート分析です。

テクニカル分析は、やはり相場の上下を予測するためにも知っておいて損はないと思います。

私がよく使っているのが、AFT-FXのチャートです。

移動平均線スローストキャスティクスMACD移動平均乖離率などなど様々なものが表示できます。

チャートの見方を勉強することはFXで利益を出すためには絶対必要です。




スローストキャスティクス
テクニカル分析の中でもFXに有利であるといわれているのがスローストキャスティクスといわれるものです。

が、スローストキャスティクスを知るには、まずストキャスティクスのことを知っておく必要があります。

ストキャスティクスは、アメリカのジョージ・レーンにより開発された分析法で、RSIと同様にオシレータ系指標の一つです。

ある期間内の最安値と最高値を基準にして現在の株価が最安値と最高値の間のどの位置にあるかを相対的に求める分析手法です。

簡単にいうと、逆張り系の指標といえます。数値は0%~100%の間を動き、一般的には20%に近ければ売られすぎという兆候があり、80%に近ければ買われすぎの兆候があるを示します。

このストキャスティクスの中で、株価に対する反応の遅いものがスローストキャスティクスと呼ばれるものなのです。

MACD
MACDとは、Moving Average Convergence and Divergenceの略で、移動平均収束発散法といいます。通称はマック・ディーです。

MACDは、2本の指数平滑移動平均線を使ったオシレーター分析とトレンド分析を組合わせた分析です。

一般的には、MACDがシグナルを下から上に抜いたら買いサイン、MACDがシグナルを上から下抜いたら売りサインであるといわれています。

これはFX取引の中ではかなり大事な手法であると言われています。

FXをする上では、ぜひとも抑えておきたい分析手法といえるでしょう。

そのほかの分析手法
これとは別のものに、ファンダメンタル分析というものもあります。

ファンダメンタル分析は、市場を取り巻く環境を把握するのに使われることが多く、テクニカル分析は価格と時間の概念をつかむのに使われることが多いといわれています。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
ファンダメンタル分析とは、ニュース、新聞、テレビや、各情報筋から経済情勢を追い、為替の動きを分析する方法のことを言います。

ファンダメンタル分析の優れている点は、定期的に開催される会議や要人発言、時間帯による値動き特性など、事前にわかっている事柄をきちんと抑えておけば、圧倒的有利を持って相場に臨むことが出来る点です。

たとえば要人発言。誰が何に対して言及した場合に、どのような影響が考えられるかは、過去の例からある程度予測が可能です。

ファンダメンタル分析は、市場を取り巻く環境を把握するのに使われることが多くこれらはファンダメンタル分析といわれます

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
FXをする上で、外国為替がどういった要因で、どのように変動するのかということを知っておくことは大変意味のあることです。

ここでは、為替レートの変動要因について見ていきます。

一般的には、以下の要因が深く関係しているといわれています。

・景気動向
・政策金利
・地政学的リスク
・原油価格

これらだけで全てが決まるといったわけではありませんが、非常に密接なかかわりを持ってくることは事実でしょう。

為替レートの変動はFX取引にそのまま影響しますので、ぜひとも注意深く見ておくことが重要です。

これらはファンダメンタル分析といわれます。

テクニカル分析は、あくまでこれまでの市場の動きから全体の流れを読むものですが、それとは異なり、世界情勢が大きな要因になることもあります。

景気動向が大幅に変わると、為替相場も大幅に変わることがあります。ぜひともこれらもチェックしておきましょう。

■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか?  利回り100%の外貨投資戦略FXで稼ぐ人はなぜ「1勝9敗」でも勝つのか? 利回り100%の外貨投資戦略
松田 哲
技術評論社 刊
発売日 2007-02-22
価格:¥1,554(税込)
発送可能時期:通常2~3日以内に発送
オススメ度:★★★★



知識ゼロからの外貨<FX>投資入門知識ゼロからの外貨投資入門
Kazu
PHP研究所 刊
発売日 2006-11-02
価格:¥560(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



1万円ではじめるFX講座―外国為替証拠金取引1万円ではじめるFX講座―外国為替証拠金取引
シーエーキャピタル
日経BP企画 刊
発売日 2006-07
価格:¥1,050(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術FXシステムトレード 年率200%儲ける投資術
池田 悟
日本実業出版社 刊
発売日 2006-05-24
価格:¥1,680(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック田平雅哉のFX「スイングトレード」テクニック
田平 雅哉
日本実業出版社 刊
発売日 2005-11-17
価格:¥1,680(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



ど素人がはじめるFXの本ど素人がはじめるFXの本
「羊飼いの外国為替証拠金取引FXブログ」管理人 羊飼い
翔泳社 刊
発売日 2007-03-14
価格:¥1,554(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送



ポケット図解 外為FXの買い時・売り時がわかる本ポケット図解 外為FXの買い時・売り時がわかる本
宮崎 哲也
秀和システム 刊
発売日 2006-09
価格:¥735(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★★



今すぐ始めるFX―5人の個人投資家が明かす勝利のルール今すぐ始めるFX―5人の個人投資家が明かす勝利のルール
香澄ケイト /トレイダーズ証券
すばる舎 刊
発売日 2006-03
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



がっちり儲けるFX 通貨ペア選びの○と×がっちり儲けるFX 通貨ペア選びの○と×
ボイスワーク
技術評論社 刊
発売日 2006-03-23
価格:¥1,449(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★★



株システムトレードへの招待状 小冊子版 [付録付き]株システムトレードへの招待状 小冊子版 [付録付き]
MDDR
MDDR 刊
発売日 2007-01-01
価格:¥1,575(税込)
発送可能時期:通常24時間以内に発送
オススメ度:★★★




■最近人気のFX本
■為替レートの変動要因
■ファンダメンタル分析とは
■テクニカル分析とは
■MACDとは
■スローストキャスティクスとは
■トレンド(trend)とは
■トレンドラインとは
■デイトレード(日計り取引)とは
■ホームへ
■ FXの将来性
FXは、株式投資などと比べ馴染みがありません。歴史が浅いからです。
今は、馴染みがないだけで、実際は外貨預金よりもはるかに有利で設けやすく、株式投資よりやさしく取引ができることにみんなが気付いてくるでしょう。

だからこそ、今がチャンスなのです。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
FX(外国為替証拠金取引)の必要資金、手数料にはいくつかがあります。

これらは大変重要なものですので、はじめのうちは聞きなれないかと思いますが、ぜひ覚えておきましょう。


■当初証拠金(イニシャルマージン)一番はじめに用意する最低限のお金です。最低単位での売買が出来るお金ともいうことが出来ます。10万円からというところが多いようです。

■維持証拠金(メンテナンスマージン)損が出ると、それは証拠金にも反映されますが、損があまりにも大きくなりすぎないように、証拠金の70~80%に維持証拠金が設定され、それを割り込むと追加の証拠金を求められます。
これをマージンコールといい、強制的に決済されることです。

■売買損益金額
売買により出た評価損益や実現損益はすべてブローカーに入れてある証拠金の金額に増減されて計算されていきます。

■取引手数料
手数料は会社によってまちまちです。片道1000~2000円というのが多いようですが、中には無料というところもあるようです。

■追加証拠(マージンコール)維持証拠金レベルを下回ったとき、マージンコールが発生します。

マージンコールが発生したら、ポジションを減らし、必要な証拠金を減らすか、追加でお金を入れることで証拠金残高を増やすかしなくてはいけません。
これらがFXで使われる主な資金の呼び名ですが、中でも大事なのはやはりマージンコールです。
FXにはこのマージンコールがあることで、極端な長期保有しておくことが出きず、損失が維持証拠金を割り込んだら損失が確定してしまいます。
ここで決済をしてしまうか、追加で証拠金を入れるかは各人の判断になりますが、大変重要な局面です。
維持証拠金とマージンコールの関係性はFXをするうえで絶対に抑えておきましょう。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
スプレッドとは、外貨の売りと買いに対して提示されるレートの差のことをあらわします。

為替レートの表示は114.00~114.03などといった具合に表示されます。

これによって、買値と売値をあらわしているのです。

つまり、通常に取引をしても、買値と売値でそれだけの差が存在するということなのです。

このため、これがコストと考えられるわけです。

はじめのうちは、スプレッドという概念がよくつかめないかもしれませんが、大事な言葉ですのでしっかりと理解しておきましょう。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■スワップポイントとは?
 スワップポイントとは、外国為替取引を行う2国間の金利差によって発生するポイントのことです。

通常2営業日後に資金を受渡します。ただ2営業日後に市場が休みとなる、土・日になった場合は受渡しが出来ませんので月曜日に受け渡しをされます。

上記の云ったケースの場合3日分のスワップ金利が付きます。祭日が入った場合も同様の考え方で計算されます。

ただ、殆んどのFX会社ではその辺のスワップ表をホームページ上で公開してますのでそれを見た方が早いかもです。

簡単例
①「外貨買い/円売り」の外国為替取引は、「円を借り入れ、それを元手に購入した外貨を預ける」ということと同様の効果があります。現在の金利水準を前提とすると、ドル買い/円売りの取引を行った場合、円金利よりドル金利の方が高いため、日米間の金利差を受取ることができます。

②ドル売り/円買いの取引を行った場合、金利の高いドルを借り入れ、金利の安い円を預け入れることになりますので、金利の支払いが生じるわけです。

この2ヶ国通貨間の金利差から発生する差額金額をスワップポイントといい、スワップポイントはポジションを繰り延べして資金の受渡期限を延長した場合に受払いが発生します。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■レバレッジ(Leverage)とは日本語訳すると「てこの作用」を使って、手持ちの資金よりも大きい取引を行うことです。

レバレッジを使えば少ない元手で大きく勝負できます。
手持ちの資金が10万円でレバレッジ10倍だと・・100万円分の外貨を売買できます。

レバレッジ100倍なら預けた証拠金の100倍の外貨を売買できます。
証拠金が10万円なら1000万円分ですね。

■ 1万ドルの取引をするために必要な証拠金
レバレッジ10倍なら12万円
レバレッジ50倍なら2.4万円
レバレッジ100倍なら1.2万円

100倍なら1万2千円で120万円分の外貨が売買できるんです。
1万ドルなら1円動くだけで1万円動きます。

また、そのことを利用してスワップ金利で大きく利益を上げることが出来ます。外貨預金で考えると5%の金利でもレバレッジを10倍にすると、年率50%もの預金を作ることができるのです。

しかし、レバレッジを利かせるという事は利益も大きくなるが、損失も大きくなるという事ですので、最初のうちは小さいレバレッジで取引することを進めます。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■FXをする上では、通貨の呼び名はもちろん必須のモノです。代表的な通貨を下記にピックアップしてみます。

JPY:日本円
USD:アメリカドル
GBP:イギリスポンド
EUR:ユーロ
CHF:スイスフラン
NZD:ニュージーランドドル
AUD:オーストラリアドル
CAD:カナダドル
HKD:香港ドル
IDR:インドネシアルピア
MYR:マレーシアリンギット
SGD:シンガポールドル
THB:タイバーツ

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■FXを取引するのに掛かるコストは、FX会社の手数料とスプレッドです。

手数料は別で述べる外貨預金と比較すると数十倍の差が有ります。

FXの手数料はものすごく安いのです。

しかし、その安い手数料も払わないに越したことは有りません。手数料無料のFX会社があるのです。

又、FXにはスプレッドと云う手数料みたいなものが発生します。これは買うときの為替レートと売るときの為替レートの差です。

これも少ないに越したことはないのです。

よって、FX会社を選ぶ時は手数料が安く(出来れば無料)、スプレッド幅の小さいFX会社を選ぶ方が賢明なおです。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■FXの注文方法は主に7種類あります。FX会社によっても変わってきます。

■指値注文
購入する値段を購入者自身が決定する注文方法です。
自分が買いたい値段で注文を入れることができます。
買いたい値段に達しなければ、購入しません。

■成行き注文
購入する値段を決定せずに、相場の成行きで注文をする方法です。
指値注文よりも成行き注文の方が注文を優先します。
すぐに注文を市場に出したいときには有効です。

■逆指値注文
~まで上がったら買い、~まで下がったら売りなど、早い段階での損切りに有効的な注文方法です。損失を最小限に抑えることができます。

■IFD注文(イフダンオーダー)
2つの指値または逆指値の注文を出し、成立する順番を決めて出す注文方法です。
1つめの注文が約定した後に、2つめの注文が有効になります。

■OCO注文(ワンキャンセルアザー)
同時に2つの指値注文を出したときに、一方が成立したときにもう一方の注文が自動的にキャンセルになるという注文方法です。
利食い(利益確定)と損切りの指値を同時に出すことができます。

■IFO注文
『IFD注文』と『OCO注文』が合体した注文方法です。
1つめの注文が成立すると、2つめの注文が有効となりますが、この2つ目の注文が『OCO注文』になったものです。
可能な限り利益確定注文だけではなく、損切り注文も同時に組合せることで、売買利益/損失額両方を事前にコントロールできることがメリットとなります。

■トレール注文
逆指値注文に値幅指定機能を追加する注文。
逆指値で価格指定をし、トレール指定で現在値(買注文では「買値」、売注文では「売値」)からの値幅を指定します。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■ FXを始めるには、FX取引を扱っている取引会社において取引口座の開設をする必要があります。

しかしどこの会社でも良いかとなるとそうは行きません。利益を得るための投資を行うのですから取引会社は十分選定すべきです。

選定条件としては
① 金融先物取引業者としての登録がちゃんと明示されてある。
② FX取引のリスクをしっかりと説明している。
③ 対応が親切丁寧。
④ 手数料が安い。
⑤ 取引ツールが使いやすい。

の条件を取り揃えてなくてはなりません。

しかし、初めての方はどれが上記の条件を満たしているのかが解らないと思います。

そこでカワセミは①~③を満たしているFX会社を一覧表にして比較出来る様にしました。
FX会社比較:手数料・各通貨スプレッド表

ちなみにFXの手数料は一般的に云うところの手数料とスプレッドを合わせて考えなければなりません。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■ FXを取引するのに掛かるコストは、FX会社の手数料とスプレッドです。

手数料は別で述べる外貨預金と比較すると数十倍の差が有ります。

FXの手数料はものすごく安いのです。

しかし、その安い手数料も払わないに越したことは有りません。手数料無料のFX会社があるのです。

又、FXにはスプレッドと云う手数料みたいなものが発生します。これは買うときの為替レートと売るときの為替レートの差です。

これも少ないに越したことはないのです。

よって、FX会社を選ぶ時は手数料が安く(出来れば無料)、スプレッド幅の小さいFX会社を選ぶ方が賢明なおです。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
■ 24時間取引可能 為替には株の証券取引所みたいな場所は有りません。世界の色んな所で(銀行等)どこかのマーケットが開いてますので、24時間取引可能なのです。ですから、サラリーマンの方でもデイトレ等が出来るのです。

■ 銘柄が少ない 株は何千という銘柄があります。ですが為替はドル円、ユーロドルなど主だった通貨で云えば20種類ぐらいです。
銘柄を調べる時間が少なくて済み、忙しいサラリーマンには最適です。
 
■ 少ない資金で始めることが可能 株や外貨預金と違って、FXは少ない証拠金で大きな取引ができます。
私の使っているFX会社だと10万ドル(約1200万円)の取引に必要な証拠金は12万円です。一日で資金を2倍にすることも不可能ではありません。

■ スワップポイント(利息)が付く
株ならば値が上がらなければ利益は得られませんがFXは違います。
金利の低い通貨を売って金利の高い通貨を買えばその差が受け取れます。

■ 手数料がすごく安い
株取引や外貨預金と比較すると手数料が凄く安いのです。

■ 円高でも円安でも稼げる 外貨預金は円安ドル高にならないと稼ぐことができませんが、、
FXなら空売りできるので円高でも稼げるのです。

■ 決済期限がない
商品先物や株式先物など期限日までに必ず決済しなければなりませんが、、
FXはそういう期限がないので損をしている時は戻るまで待ってればいいです

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ

正式名称:外国為替証拠金取引

■外国為替証拠金取引は通貨を売買して利益を出すものです。

 1ドルを100円で買って1ドルが105円になってから売れば5円儲かります。
手数料を無視した場合、1万ドル買ったら5万円儲かる計算になります。
もちろん1ドル100円で1万ドル買ったら95円まで下がった!こういう時は5万円損をします。

■外貨預金に似ているけど違う

外貨預金とは違ったメリットが沢山あるのが魅力です。
詳しくは外貨預金との違いへ

■株より簡単。株より少ない資金でできる
FXは1万円からでも始めることができるのです。
小額資金で大きく稼げる。これがFXの最大の魅力です。
株は銘柄が多く、探すのが面倒だし資金が少ないと買えない銘柄が多いです。

■FXとは
■FXの魅力とは
■外貨預金との違い
■FXを始めるには
■FXの注文方法は
■FXの手数料は
■各国の通貨の名称
■レバレッジとは
■スワップポイントとは
■スプレッドとは
■FX必要資金について
■FXの将来性
■ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。