FX会社の特徴・評判・比較等、初めてFXをする人に最適なFX会社を紹介しています。
株や外貨預金をなさってるあなた。FX(外国為替証拠金取引)で資産形成を始めてみませんか?
こんな人にお奨め 為替情報を見るなら絶対必要 お奨め記事
① 株でイマイチ儲かっていない
② サラリーマンだけどデイトレしたい
③ 銀行預金の利息が不満
④ 何かに投資しようと考えている
⑤ 外貨預金の手数料に不満
⑥ 資産形成を成したい
⑦ 日本の将来のインフレが不安

 リッチになりたい
■ マネーパートナーズ

「今日の抵抗線はどこ?支持線はどこ?」と考え悩んでていませんか???
マネーパートナーズはそんな為替情報を1日に数回、各通貨毎に教えてくれてます。
もちろん口座開設や口座維持費は無料。
カワセミのFX投資にも欠かせません。


■ FXは危ない??
■ FXは株より安全
■ FX必要資金について
■ カワセミがFXを始めた理由は
■ スワップポイントとは

■ 外貨預金との違い
■ FX会社のコンバージョン(外貨両替)は超お得
 d(^-^)

■ マネーパートナーズ
・ 信託保全
・ 手数料無料
・ スプレッドが小さい
・ 証拠金定額
3拍子も4拍子も揃った好条件の会社
           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんにちは、カワセミです。

今週はアクティブな為替相場で有る意味、楽しめた相場だったのではないかと思います。

ただ、FXを行うことの目的は利益を確保し、自己の資産形成をする事に有りますので、楽しいだけではいけないのは言わずもがなでは有りますが。

今週の為替動向要因は尾身財務相が円安を牽制するような発言をしたことを受けて、円キャリートレードの巻き戻しが起ったことが一番の変動要因と云えるのかも知れません。

一要人の発言にしては下落幅と下落時間が大き過ぎた嫌いが有りますが、大きな流れとしての金利差相場を変えるほどのことではないのは、週末におけるクロス円の戻りをみても解ると思います。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝も元気に5位です。有難うございます。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


今年の半ばにおいて日本の政策金利改正は1回or2回行われると思っています。MAXでも3回がせいぜいでしょう。

その時の金利上昇幅は0.25%づつとしか思えません。

となると今の世界の主要通貨との幅を埋めるには程遠いことが歴然としているのです。

カワセミの今年の為替相場は、益々円が売られて行きクロス円が伸びていくとの考えをしてます。

よってカワセミの投資法みたいに、急落した時にクロス円を買い停滞したらすぐ売るか、それが出来なければ中長期の考えでクロス円を持ち続けるかを行うことにで、利益を得られる投資法としてこのFX(外国為替証拠金取引)は魅力が大きいものだと考えます。

少なくとの外貨預金の高い手数料を払って行う投資より、はるかに優れているのです。

断っておきますが、カワセミの考えとしての今年の為替相場予想は「ユーロや資源国通貨は上昇する。ドルは値を下げる。」ですので・・・・・・

さあ週末です。大いに遊びましょう。 d(^-^)

昨日のカワセミの為替は月曜日にでも書かせて貰いますね。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
[今年の為替相場予想]の続きを読む
スポンサーサイト
 為替相場は再び円安方向へ傾き始めています。

昨日のFOMCでの声明も代わり映えするものは無く、物価の番人ともいえる機関が「インフレが最大の懸念事項」と考えるのは当たり前すぎて市場も殆んど反応していません。

今週に入ってからの円高は簡単に言えば一時的な調整と云えるのでしょうが、円売りで資金を使い果たした投資機関が一旦利益確定をし、そしてその利益で再び円売りで利益を得ようとしているように思えてなりません。

カワセミの予想は「一昨日の欧米タイムには再び円安へ向かう」だったのですが、実際円安へ向かい出したのは昨日早朝へとずれ込んでいます。

今回の調整は大きな経済指標や大きなニュースが無いままの下げとしては大きかっただけに戻りも大きなものになっています。

また今朝程、日本の経済指標が多数発表されていますが特別に目を引くものは無く、午後以降のドイツ・欧州・米国の指標待ちといったところでしょうか。

■ FOMC声明
・ インフレが最大の懸念事項
・ 高い資源利用でインフレ圧力が継続する可能性あり
・ コア・インフレは緩やかに改善した
・ 今年上半期の経済成長は鈍化している模様
・ 住宅市場の調整は進行中
・ 経済は緩やかなペースで拡大する見込み

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝も元気に6位です。有難うございます。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


さてカワセミの為替ですが、昨日朝の記事に書いたように一昨日は徹夜してます。

そして相場にかじり付いてやっと買い参入した豪円の102.63円がズバリ的中して現在(10:50)104.39円です。

一日でここまでの利幅が取れれば大満足ですので現在はトレールで指しています。

下落幅の大きかったオーストラリアドルに目をつけたのも正解だったみたいです。 d(^-^)  d(^-^)  d(^-^)

中長期での持ちポジ(161.70円買い)のユーロ円も165.49円と健闘して尚且つスワップも稼いでくれてますので満足です。

サラリーマンの皆さんは今月はボーナス月だったので、カワセミは羨ましかったのですが、昨日の取引でやっとボーナスを頂いた感じで嬉しいです。  d(^-^)

 さて今日もカワセミのトレードスタイルである「急落を待つ」で行こうと思ってますが、今日はこのままクロス円が伸びる可能性の方が大きく、余り期待できないようでは有りますね。

もし急落が有って、その戻りで買うときはFXプライムの抵抗線、支持線を確認してからにしてくださいね。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。

本日午後からの経済統計                         予想
(独)15:00 小売売上高指数-5月 -0.3%                1.4%
(独)15:00 小売売上高指数-5月(前年比)               -0.5%  
(英)17:30 消費者信用残高-5月                    5億GBP  
(英)17:30 モーゲージ承認件数-5月                 10.5万件
(英)17:30 GDP-1Q(確報値)                     0.7%
(英)17:30 GDP-1Q(前年比/確報値)                  2.9%
(英)17:30 経常収支-1Q                      -120億GBP
(欧)18:00 消費者信頼感-6月                       -1
(欧)18:00 鉱工業信頼感-6月                       6
(欧)18:00 業況判断指数-6月                      1.50
(欧)18:00 消費者物価指数速報-6月(前年比)             1.9%
(欧)18:00 サービス信頼感-6月                      22
(欧)18:00 経済信頼感-6月                      111.7
(英)18:30 GFK消費者信頼感調査-6月                   -3
(加)21:30 GDP-4月                          0.2%
(米)21:30 個人所得-5月                       0.6%
(米)21:30 個人支出-5月                       0.7%
(米)21:30 PCEデフレータ-5月(前年比)                2.3%
(米)21:30 PCEコア・デフレータ-5月(前月比)             0.1%
(米)21:30 PCEコア・デフレータ-5月(前年比)             1.9%
(米)22:45 シカゴ購買部協会景気指数-6月                58.0
(米)23:00 建設支出-5月                       0.1%
(米)23:00 ミシガン大消費者信頼感指数-6月(確報値)          84.0

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

昨日も円キャリートレードの巻き戻しでクロス円の下げが続きました。先週続いた円安局面が一転しての円高進行に相場参加者は一喜一憂する場面が続いています。

昨日の記事にも「いつもと違う相場だ」と書いてますが、夕刻の欧米タイムに入るころには再び円安が進行すると思っていました。

しかし予想を裏切り深夜まで円高の進行です。

今回のクロス円の下げは大きいので戻りも大きいはづとの思いがあり結局、徹夜です。

体に悪いことと知りながらも、戻りの大きさの魅力に負けての徹夜は反省です。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝も元気に5位です。有難うございます。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


カワセミの為替ですが、先日からポンドなどで失敗してるので、大きく稼ぐチャンスの大きい今日は慣れ親しんだ通貨ペアで挑みました。

豪円を102.17円円からの戻りで102.63円で買っています。今回は下落が大きかったので再度の下げ開始を恐れて、かなり値を戻してからの買いしか出来ませんでした。

豪円を選んだのは今回の下落率が他の通貨より大きかったので戻りも大きいと考えたからです。

しかし今回の調整はビビリました。中長期での持ちポジ(161.70円買い)のユーロ円も決済しなければならないのかとも思ったりして心臓に悪いです。

いつもは急落を待つカワセミですが、今日ばかりはスンナリとしたクロス円の戻りを待ちたい心境です。 d(^-^)

それと眠いので今日予定の経済指標は休ませてください。おやすみなさ~い!!

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 なんとまあ昨日から激しい相場が続きました。

各種ニュースやアナリストの解説では、尾身財務相が最近の為替の動向について「注意深く見守る」と発言した事が原因で円キャリートレードの縮小方向を予想し、投資家のリスク許容度の縮小を招いたとの内容になっています。

しかしよく考えてみると、日本の財務相発言によって発生した為替変動にしては大きすぎるような気がしてなりません。

むしろカワセミは尾身財務相発言を利用し、ファンド勢の仕掛けが有ったのではないかと考える方が正しいように思えるのですが・・・・

最近の連続した円売りで資金を使っていたため、ここで利益を確定させ一旦円高にもって行き、再度の円売り資金を調達する作戦のような気がしてなりません。

よって今日以降は再度円安方向へ動いていくのではないかとみているのです。

日本と諸外国との金利差を埋めない限り、円安は続くものとみています。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝も元気に5位です。有難うございます。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが、昨日の記事に書いていたように慣れない通貨ペアのポンド円は買値の246.14円であえなく約定されてしまいました。

一時は247円台まで値を上げていたのに完全に失敗です。

昨日「カワセミの投資法からすると、かなり外れた投資の仕方になってる」と書いたように、やはり自分のスタイルは守らないといけないようです。反省です。

ユーロ円も166.12円で買っていたものが166.00円であえなく撃沈です。

夜はクロス円が下がったので絶好の拾い処として買いに入りたかったのですが、上記で書いたように損失を出しているので自分の考えどおり相場が進んでないと自覚し様子見です。

今朝もかなり値を下げてますが???の思いが有るので様子見が善いような・・・・

カワセミも個人投資家ですので???の相場の時は手を出さないことにします。

常々思っているのは相場と云うものは、その時点時点からすると「上がるか下がるか」の丁半の世界だ。その中で利益を上げるためには、常に相場に参加するのではなく「相場感を持ち、勝つ確率の高い時だけの相場参加」をしていれば利益は上げられるものだと云うことなので・・・・・

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



 ここ数日書いているオーストラリアの話ですが、意外と知られて無いのがワイン作りです。

ワインと云えばドイツ・イタリア・フランス・スイス等が有名ですが、最近ではヨーロッパ以外の南アフリカやカナダ・オーストラリアのワインも人気が有るんですよ。

本場で有るヨーロッパワインに負けない美味しさが味わえますから。 d(^-^)


 ところで、くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)

本日午後からの経済統計                         予想
(スイス)18:30 KOFスイス先行指数-6月                 2.00  
(米) 21:30 耐久財受注-5月 -1.0%  
(米) 21:30 耐久財受注-5月(除輸送用機器)            0.2%

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 本日の日経新聞に「国の借金」834兆円との見出しで5面に記事が載ってました。

カワセミがFXを始めた理由はで書いている危惧が、益々増大してきているのではないかと感じた記事でした。

そうです借金体質世界NO1の日本の円は、売られて行かざるを得ないのではないでしょうか。

今年の相場予想とは別にして、数年後には1ユーロ180円なんて事も有りうる事だと考えます。

「1ユーロ?」「何で1ドルで書かないの?」の問いが起こりそうですが米国も又、日本ほどではないにしろ財政収支の悪化を抱えてますのでドルは円と共に安くなっていくものと考えています。

「今のドル高は?」って聞こえてきそうですが、今はドル高では有りませんよ。円安ドル安なんです。

ドルより円が下がっているだけです。2002年頃からその傾向が出ています。ドルとの通貨ペア・円との通貨ペアを週足・月足で見ると解ると思いますよ。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝も元気に6位です。有難うございます。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが先週246.14円で買ったポンド円は247円台から246.42円まで下がり現在246.78円です。

カワセミはポンド円は値動きの激しい通貨だと認識してますので「此の位の値動きは仕方が無いのかな~」と思っていますがちょっと不安です。

慣れない通貨ペアだけに心配も大きいので、今は買値で指してはいますが「どうなんでしょう?」これは全く自信が有りません。

勉強のつもりでやってますのでこのままの状態で放置してみますが、カワセミの投資法からすると、かなり外れた投資の仕方になってるので益々心配です。

ユーロ円はFXプライム<テクニカル分析の支持線1(166.12円)を切って166円を割り165.91円まで行ったので戻りの166.12円で買っています。

狙い通りそのまま上昇して行ったので満足し168.80円で指して眠ったのですが、166.67円の高値で折り返して、今朝は再度166円まで下げて現在166.23円です。

これも「ちょっと失敗したかな?」って感じです。

順調なのはスワップを稼いでくれてる13日に161.70円で買った、中長期用のユーロ円だけです。

今日は経済指標がドイツ 輸入物価指数と米国の リッチモンド連銀製造業指数・新築住宅販売件数・消費者信頼感指数等が予定されてますが大きくは動かないのではないでしょうか。

もし値を下げたら其処は値を戻すので拾いどころだと思っていますよ。 d(^-^)  

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


昨日書いたオーストラリアですが、オーストラリアの話をする時に「オーストラリア人は食器を洗う時に洗剤の泡を良く落さないんだって」とよく耳にします。

それは水を大事にする国だからなんです。それに日本人みたいにたっぷりと洗剤を使ったりしません。ほんのちょっぴりなんです。それと洗った後は乾いた布巾で綺麗にふいて使っているのです。

「湯水の如く使う」との諺に使われる日本の水とは違って、海外では水は貴重なものなのです。

ホテル等でも「水を大切にしよう」との呼びかけをみることが有りますよ。

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。

本日午後からの経済統計                         予想
15:00 独・5月輸入物価指数(前月比)                 +0.3%
15:00 独・5月輸入物価指数(前年比)                 +0.6%
17:00 ユーロ圏・4月経常収支(季調済)
20:00 アルムニア欧州委員講演
23:00 米・5月新築住宅販売件数                  92.4万件
23:00 米・6月CB消費者信頼感指数                   105.0
01:30 モスコウ・米シカゴ連銀総裁講演

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 先々週からの大幅な円安進行が続いた先週でしたが今週はどうなるのでしょう。

動きとしては円安進行継続と見ていますが、今週末に米国の経済指標が相次ぐことから経済指標による動きは週末になるのでしょう。

ただ、ここまで継続して円安が続くと、調整も当然起るはづなので、カワセミの投資スタイルが適用できるタイミングは週初めに起る可能性も大いに有るのではないでしょうか。

先週の金曜日も日本人の殆んどが眠っている時間帯に、NZ当局によるニュージーランドドル売り介入?も起っているようなので、今後も介入が起る可能性は大きいと考えています。

その3度目?の為替介入もNZドルの高値を一時的に下げるだけで介入が成功しておらず、投資家に押し目買いのチャンスを作ってくれているだけの状況を作り出しているに過ぎないと考えます。

皆がそう考えると次のNZ当局の為替介入時は皆が待ち構えている状況になり、かえってNZドルの跳ね上がりを招く結果になるのかも知れないと考えます。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝見たらなんと4位です。「嘘でしょう」と信じがたい感じです。有難うございました。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


 さてカワセミの為替は土曜日に書いてますので、今日は最近よく取引をしている豪円の相手国、オーストラリアの話をちょっと紹介しますね。

オーストラリアの旅行パンフレットによく使われるオペラハウスは、世界の三大ガッカリ観光地として有名ですが、あれはオランダ人の設計なんだそうです。

だれが設計しても構わないけど、ただの建物が観光のメインとは余りにも情けない、オーストラリアにはもっと自慢できるものが沢山有るのに、何もあんな建物ばかりパンフレットに載せなくてもと思うのは私だけでしょうか。

ちなみに世界の三大ガッカリ観光地の後の二つはシンガポールの「マーライオン」、コペンハーゲンの「人魚姫」だそうです。

その豪円は現在105円台、2000年初めには60円を割っていたのに凄い伸びです。


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
15:10 独・7月GFK消費者信頼感調査                   7.9
23:00 米・5月中古住宅販売件数                   597万件

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 凄い勢いで進行している円安です。なぜこれ程円安が進行するのか?

一番の原因はやはり政策金利差でしょう。おまけに出される経済指標はいづれも期待を裏切るような数値ばかりです。

これでは日銀の福井総裁でなくとも政策金利を上げようが無い状況です。

それに昨日は7月の参院選での与党大敗の噂から政局不安・政策不安を想定した投資家の円売りです。

経済状況は悪くとも日本には潤沢な投資資金が有ります。それにここ数年の為替市場の動きで円安進行が続くのも皆が知っているのです。

今月はボーナスシーズンでも有りますし投信等の外貨買いを含め益々円安に振れていくものと考えられます。

はじめて入ったランキングのベスト10、今朝見たらなんと4位です。「嘘でしょう」と信じがたい感じです。有難うございました。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが、昨日の記事に書いた246.14円でのポンド円の買いは結果大成功です。

大成功と云うより急速な円安にタイミングが合っただけの話ですけど・・・

滅多に取引しない通貨ペアでの参加だったのにラッキーだけで利益を上げた結果となっています。

短期用口座で買ってますので来週初めには利益確定をした方が良いのか迷っていますが、自分でも結構な利幅があるためもう少し持っていようかなとの迷いもあります。

なにせ値動きの激しい通貨ペアなので迷いも大きいです。アドバイスをお願いしたいところです。ゞ(^^*

ただ今月13日に161.70円買ったユーロ円は、ラッキーだけではなく先を見越しての買いだったと自負しているのですよ。 d(^-^)


それにしても、ここまで一挙に円安が進行したのですから、来週にはちょっとした調整も有るはづです。

それを楽しみにしたいと思ってますが、狙いはユーロ円と豪円に置いてるのです。

今のところEUR/JPYの支持線1は165.18円、支持線2は (164.99)となって、AUD/JPYの支持線1は104.30円、支持線2は (104.00)となっているので、支持線を割って戻りを確認したら買いに入りたいと考えています。

勿論来週は昨日のクロス円上昇で抵抗線・支持線も変わってきているので、FXプライムの為替情報>インフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧で確認してくださいね。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
ポンドが続伸し続けています。

昨日も記事に書いたポンドですが、昨日早朝のクロス円調整や昨日夕刻のクロス円調整を経ても上昇する力は衰えていません。

世界的金利先高感が浸透してきた今日、利上げ前には必ず通貨価値が高くなって居るので日本の個人投資家も安心して外貨投資へ動けるのでしょう。

ユーロも当然の事として今後の利上げを期待されてますし、為替介入を行ったNZDでさえ為替介入をものともせず介入前の高値を軽くクリアしています。

これでは今後益々円が売られていく状況が続くものとみる投資家が増えてくるのではないでしょうか。

相場はより多くの人が思った方向へ進むので円安スピードが加速する恐れも有ります。

故に円買い仕掛けを行う人は注意が必要かと思われますがどうでしょうか?

ただ、ポンド円に関してはチャートとしては伸びているのですが、MACD(4時間足)をみると不安では有ります。

h19.6.22.1 h19.6.22.2


 話は変わりますが中国人民銀行副総裁が「諸外国は人民元改革のペースに忍耐強くなるべき」と発言してますが、人の意を解しない厚顔さと云うか、したたかさと云うか。

我々日本人がよく考える「人の目が有るから」とか「気の毒だから」とかの感覚では理解出来ない発言です。

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが、昨日の記事に書いていたように安値104.03円からの戻りで104.20円で買った豪円ですが、記事に書いていた通りです。

「12:30現在104.35円ですので損きりを104.20円の買値で、上値も104.50円で指して夜まで放置しておくつもりです。」とデイトレ宣言をしてその通り指していたら104.50円で約定。

喜んで良いのか、豪円は104.83円まで上昇したのを考えると余りにも利幅が少ない。

まっ、しょうがないですよね、結果ですので。

それと昨日夕刻はポンドが下がって246円を割ったので記事に書いたように「ポンドの上昇は調整を含みながらも上昇していくものと考えています。 よって次のポンド急落が有ったら買って見ようと思ってます。」と考えてましたので、なれないポンド円では有りましたがおっかなビックリで買ってみました。

安値245.83円からの戻りで246.14円での買い参入です。かなり慎重になりすぎたため結果としては31銭も戻ってからの買いとなってしまいましたが已むなしです。慎重すぎと云うか小心者と云うか・・・

8:40現在246.51円ですのでどうなってくれるのか、なれない通貨ペアだけに心配です。

さて本日は週末でも有り、ポジション調整のための動きにも注意しなければなりませんが、ドイツのIFO景気動向の経済指標が発表されます。

これでユーロが動く可能性は大きいので楽しみにしています。

161.70円で買ったユーロ円のロングを持ってはいますが、調整が入ったら買い増ししたいのですが・・・

 その急落が有ったら支持線を確認し戻りを確認できてから買いに入ります。支持線を突き抜けるか近くまで落ちないと、更なる下落となる可能性が大きいので。

FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


本日午後からの経済統計                         予想
17:00 独・6月IFO景況指数                        108.4
17:00 トリシェ・ECB総裁講演
17:00 ロート・スイス中銀(SNB)総裁講演
18:00 ユーロ圏・4月製造業受注(前月比)               -0.8%
18:00 ユーロ圏・4月製造業受注(前年比)               +9.0%
23:00 ポールソン・米財務長官講演

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全FX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 ポンド円が246円台へ続伸です。ほんの2週間前は237円台でした、3ヵ月前は221円だったのです。

3ヵ月前に20枚ポンド円を買っていたとすれば、500万円の利益が出ていたことになります。

凄いことです。たった3ヵ月で500万の利益なんですから。個人投資家に人気のあるポンド円ですのでニンマリしている人もかなり居るのでしょうね。

「ポンドは上がりそうだな」と思いながらも、自身の売買経験が少なく、経済環境をよく把握出来ない事からポンドの売買に躊躇していた自分を情けなく思います。
(-.-)ボソッ・・・

昨年の暮れのブログにも書いてますが、あの頃ポンドを練習のため売買したのですがそのまま続けていればと深く反省です。

なにせ発表されたBOE議事録では5対4の僅差で利上げを見送った事とキング総裁をも利上げを主張した事が解ったのです。

カワセミはポンドの上昇は調整を含みながらも上昇していくものと考えています。

よって次のポンド急落が有ったら買って見ようと思ってます。


 話は変わりますが榊原元財務官が「日銀は年末までに政策金利1.25%に引き上げるべきだ」との発言をしていますがどうなんでしょう?

カワセミはせいぜい0.25%の利上げを2度行い、1.00%が関の山だと思ってますが・・・

■ 榊原元財務官発言
・ 日銀は年末までに政策金利1.25%に引き上げるべきだ
・ 円を強くするために、利上げが必要
・ 円相場の下落は不合理なものとなっている
・ 円キャリー取引は危険なバブルと化している

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが朝起きてみるとクロス円がかなり落ちてました。ただ落ち方も中途半端で104円割れを期待していた豪円は、朝6:30の安値104.03円から戻ってました。

カワセミが朝起きてPCを起動させたのが7:30でしたのでその時は104.10円~104円20円の間で動いてたので遅まきながらデイトレのつもりで豪円を買ってみました。

買い参入は104.20円です。12:30現在104.35円ですので損きりを104.20円の買値で、上値も104.50円で指して夜まで放置しておくつもりです

先週13日に中長期用として161.70円で買ったユーロ円はそのまま眠らせてます。買値より大分上がっているので昨日の下落くらいは意に関せずしばらくはスワップ稼ぎで持ち続けます。

今日も急落待ちで相場を睨みますが、FXプライムの為替情報>インフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧でユーロ円は支持線1が165.17円、支持線2が (164.99) となってますので迷わず買えるのは165円割れをみて戻りで買うのが良いと思ってます。

ただ底値が上がってますので、買損ないを恐れて「165.17円を割っての戻りで買うのも良いのかな?」と思い考え何処です。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


本日午後からの経済統計                         予想
17:00 ユーロ圏・6月製造業PMI                      54.9
17:00 ユーロ圏・6月サービス業PMI                   57.3
21:30 米・新規失業保険申請件数(先週分)             31.1万件
21:30 加・4月小売売上高(前月比)                  +1.0%
21:30 加・4月小売売上高(コア)(前月比)              +0.5%
23:00 米・5月景気先行指数(前月比)                 +0.2%
01:00 米・6月フィラデルフィア連銀景況指数              7.0

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全FX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

昨夜の為替相場は米国5月住宅着工件数が147.4万戸(予想148万戸)と弱い数値が示された事や、ドイツZEW景気期待指数が20.3(予想29.0)とこれもまた予想を大きく下回ったことで若干、円が買い戻された形で相場が動きました。

しかし、このところので円売り基調は変わりようもなく、おまけにボーナスシーズンということもあり、需給的にも円安方向での展開は続く可能性が大きいみたいです。

オセアニア通貨に関しては円高に振れることも無く円安が進んでいるのを見ても、日本人の高金利通貨への投資が続いているものと見られます。

こう云った中、ニュージーランドのカレンNZ財務相は今朝ほど「追加引き締めの可能性ある」と発言してますが「いつごろ?」「どんな環境で?」に投資家は関心が向かうところです。

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


さてカワセミの為替ですがここ数日相場に参加してなかったので、「相場に参加したい」の思いが強くデイトレを1回だけしてみました。

ユーロ円が165.34円まで落ちた後、戻りの165.50円で買って165.61円で売ると云う僅かな利幅摂りでしたが、「相場に参加したい」というイライラを発散する事が出来てすっきりしてます。

先週13日に中長期用として161.70円で買ったユーロ円はそのまま眠らせてます。買値より大分上がっているので少々の暴落が有っても大丈夫みたい。スワップ稼ぎで健闘してくれるでしょう。

今日も急落持ちの状態ですが、今のところユーロ円は165円割れ、豪円は104円割れにラインを設けてます。

勿論ラインに達したからと云ってすぐには買わず、戻りを確認してからです。又、午後のFXプライムの為替情報>インフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧をみてラインの引きなおしも行いますよ。 d(^-^)


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
14:00 武藤日銀副総裁会見 
15:00 独・5月生産者物価指数(前月比)                +0.2%
15:00 独・5月生産者物価指数(前年比)                +1.6%
17:30 英中銀(BOE)金融政策委員会議事録
17:30 英・5月マネーサプライM4(速報値)(前月比)         +1.0%
17:30 英・5月マネーサプライM4(速報値)(前年比)        +13.4%
21:30 加・4月卸売売上高(前月比)                   +0.4%
21:30 加・5月景気先行指数(前月比)                 +0.5%
23:00 ポールソン・米財務長官議会証言
00:30 イエレン・米サンフランシスコ連銀総裁講演
00:30 ガイトナー・米ニューヨーク連銀総裁講演
02:00 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

為替市場は円安に振れた状態のまま尚もジリジリと円安が進行しています。ただ、ドルだけは経済指標の軟化から若干値を下げてますが円安状態に変化を及ぼす処までは至っていません。

特にユーロ円は166円に到達しています。「ユーロ円は170円を突破する」と過去記事に書いたことが有りますが、それがまさに現実味を帯びてきた状態です。

カワセミは余りやった事が無いポンドですが、それも245円台をキープしています。

そのポンドとユーロの一体化についてトリシェECB総裁がコメントを発してます。

過去のユーロ創設の時、英国はポンド危機の波に洗われ、経済状況は最悪でした。

英国自身がユーロに加盟する、加盟しないの過去の自決論議はさて置いても、英国はその時のユーロ加盟条件をも満たすことが出来ない状態でも有ったのです。

ただ、トリシェECB総裁が英国の加盟の話を持ち出しても、経済状態が良好な現在の英国にユーロ加盟を急ぐ焦りは無く、ユーロ加盟を切望しているトルコ等への話の投げかけと比較すれば天地程の反応の違いだと思われます。


トリシェECB総裁
・ 英のユーロ参加には歓迎だ
・ ユーロ参加は英自身が決める事
・ 英の参加がなくてもユーロ圏は非常に大きい

・ ユーロは成功している
・ ユーロ圏の労働市場は雇用の創出を妨げている
・ ECBはマネーサプライを非常に注視している
・ 世界的規模でリスクの過少評価が見られる

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


さてカワセミの為替ですが、急落が無ければ参加しない取引手法ですので当然の事ながら昨日の相場参加はしていません。

買いに参入しておけば良かったのにと思えるのは、結果が見えた状態でしか有り得ません。

よってカワセミの投資スタイルを守り、損失を発生させない戦略を取り続けたいと思っています。

ただ、先週13日に中長期用として161.70円で買ったユーロ円が、166円まで値を上げているのは嬉しいことです。 d(^-^)

本日10:00時点のFXプライムの為替情報>インフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧でのユーロ円は支持線1 165.60、支持線2 165.17、支持線3 (164.95)となっているので希望としては165円割れの急落が有ったら戻りを見て買いたいと思ってますよ。

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



 ところで、くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)

本日午後からの経済統計                         予想
16:15 ビーニ・スマギ・ECB理事講演
18:00 独・6月ZEW景況感調査                       29.0
18:00 ユーロ圏・6月ZEW景況感調査                   26.0
20:00 加・5月消費者物価指数(前月比)                 +0.4%
20:00 加・5月消費者物価指数(前年比)                 +2.2%
20:00 加・5月消費者物価指数(コア)(前月比)            +0.3%
20:00 加・5月消費者物価指数(コア)(前年比)            +2.3%
21:30 米・5月住宅着工件数                     147.2万件
21:30 米・5月建設許可件数                     147.3万件

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
先週末は銀金融政策決定会合後の福井日銀総裁の記者会見で「要確認事項が非常に多い」と発言し、利上げに慎重な姿勢が示されたことでクロス円が軒並み上昇しました。

円は何処まで下がるのか?

同じく低金利で知られるスイスフランは先週0.25%の利上げをして2.50%へ政策金利を変更しています。

その上、円の政策金利上昇が遠のいたとなると金利の安い円を借りて金利の高い通貨で運用するという円キャリートレードが益々大きくなってくるのではないでしょうか。

それに先週為替介入を行ったばかりのNZドルも、介入前の高値を抜いて上昇しています。

NZ政府介入の危険を知った上でも円とNZDとの金利差の魅力は如何ともしがたい大きな金利差ですので、已むを得ぬと言った処でしょうか。

ただ、今週20日にはカレンNZ財務相の議会証言が予定されていますので、その時は市場介入に対しての説明が行なわれるはづだと思われます。

それを聞いてからNZD売買を待った方が良いかもと考えます。

ひょっとしたらもう一波乱有るのかもしれませんので・・・

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


さてカワセミの為替ですが、急落を待ってのクロス円買いが基本ですので、このような相場の時には入れてません。

じっと急落を待つだけです。

結果として利益を逃しているような感じですが、上がるか下がるか解らない時に丁半勝負は挑みません。

別に損失を被る訳ではないのですから。

ただ、先週13日に中長期用として161.70円で買ったユーロ円が165円台まで値を上げているのが慰めです。 d(^-^)

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
23:00 トリシェ・ECB総裁講演
26: 00 NAHB住宅市場指数-6月                       30

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 最近の好調な米国経済指標を元に利下げ予測が大きく後退したと言われるUSDですが、昨日はドル円で123円台をクリアし、9:40現在も123円前後で推移しています。

それどころかポールソン米財務長官「米国金利は未だ低水準である」発言まで飛び出し市場に安心感を抱かせる要因となっています。

又、ユーロにおいてもウェーバー独連銀総裁「インフレリスクは明らかに上向き」発言は今後の利上げ期待を持たせる内容となっているようです。

それに比して昨日政策金利を2.25%→2.50%に引き上げたスイスフランは、今年の利上げはもう無いと見られ売られてますし、日本円においても利上げしてもMAX1.00%にしかならないだろうとの見方で、今後益々売られていくような見方が大きくなってきています。

ただ、米国の住宅ローンの住宅差し押さえ率が全体で0.58%となり過去最高となったサブプライムローン問題等を抱える米国経済については、インフレと景気減速が同時に進行するスタグフレーションへ進む可能性が有り、ひいてはそれがドル下落の要因になるのではないかとの危惧もしています。


■ ポールソン米財務長官発言
ポールソン米財務長官は講演で
・ 中国が通貨を管理するのは不自然
・ 中国は通貨を管理するには非常に大きすぎる
・ 米国金利は未だ低水準である
・ 最近の金利上昇は投資家を驚かせている

■ ウェーバー独連銀総裁
・ 経済成長は予想より大幅に早い
・ インフレリスクは圧倒的に上向き
・ ECBは物価安定に必要なことを行うだろう


はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 カワセミの為替ですが、「急落を待って買う」のがカワセミの投資スタイルですので、昨日のような相場ではチャートを眺めているだけで終わってしまいました。

唯一、13日に中長期用として161.70円で買ったユーロ円が値を上げているのが救いです。 d(^-^)

通常昨日のようにクロス円が値を伸ばしている時は「つい買いに入りたくなる」のが人間心理では有ります。

しかし相場と云うものは、その時点時点からすると「上がるか下がるか」の丁半の世界ですので、その中で利益を上げるためには、常に相場に参加するのではなく相場感を持ち、勝つ確率の高い時だけの相場参加」をしていれば利益は上げられるものだと確信しています。

よって個人投資家の参入は、戻り確立の高い急落の後が良いと考えます。 d(^-^)

 今日も上記を踏まえてですが、急落をみせてくれたら、戻りをみて「カワセミのトレードスタイル」で望みたいと思ってます。


さて、今日の注目の一つに日銀政策決定会合後の福井日銀総裁記者会見が有りますが、その発言内容にサプライズが有れば円買戻しが起るでしょう。ただ一時的なものになるとは思いますが。

それと今夜は米国において消費者物価指数・鉱工業生産・ミシガン大消費者・対米証券投資収支の重要経済指標が発表されます。結果次第でドルが大きく動く可能性も有りますので注意が必要ですし、その分楽しみが大きいのかもしれません。

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



 ところで、くりっく365FX会社の案内にも有るように、サラリーマンの方で給与収入における課税所得が600万円の人がFXで200万円の利益を出した場合、給与とFXの利益を合算した課税所得800万円に対する課税額は200.4万円になります。

同じ人がくりっく365で取引して同じ利益を得た場合課税額は177.25万円で済みます。
課税所得が330万円をオーバーする人は、くりっく365を検討してみる必要が有りそうです。
今のところ取引通貨が少ないとか・週を跨いでの注文が出来ないなどの難点も有りますが税金の事を考えるとクリック365での取引が有利かもしれません。

カワセミのお奨めはスターアセット証券です。
・ 手数料が安く、システムが安定してます。
・ 申告分離課税なので税金が20%と一定しています。
・ 請求無しで確定申告資料も郵送してくれます。
・ 取引所為替証拠金取引なので安心。

それにスターアセット証券は「くりっく365」用の専用コールセンターが有って、上級者の方にも、初めての方にも適切で解り易いアドバイスをしてくれます。

口座を開設している方のみですけど、ネット取引してる人も相談OKですので、試しに一度アドバイスを受けてみたら如何ですか?  d(^-^)

本日午後からの経済統計                         予想
14:00 日・4月景気動向指数(確報値)(先行)             18.2%
14:00 日・4月景気動向指数(確報値)(一致)             70.0%
15:00 日・日銀金融経済月報
15:30 福井日銀総裁会見
18:00 ユーロ圏・4月貿易収支(季調済)              +40億EUR
19:00 パパデモス・ECB副総裁講演
21:20 ロックハート・米アトランタ連銀総裁講演
21:30 米・5月消費者物価指数(前月比)                +0.6%
21:30 米・5月消費者物価指数(前年比)                +2.6%
21:30 米・5月消費者物価指数(コア)(前月比)            +0.2%
21:30 米・5月消費者物価指数(コア)(前年比)            +2.3%

21:30 米・6月ニューヨーク連銀製造業景気指数             11.0
21:30 米・第1四半期経常収支                 -2,010億USD
21:30 バーナンキ・米FRB議長講演  
22:00 米・4月対米証券投資収支                 +710億USD
22:15 米・5月鉱工業生産(前月比)                   +0.2%
22:15 米・5月設備稼働率                         81.6%
23:00 米・6月ミシガン大消費者信頼感指数(速報値)         87.7

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 昨日昼間に大きく上昇したクロス円が夜半にかけても上昇し続け、なんとドル円で122.73円まで上昇してます。(11:30現在は122.70円)

昼間の上昇は昨日の記事に書いた通りですが、夜半の上昇は米小売売上高が市場予想を大幅に上回る内容と、米財務省為替報告書で「日本の経済回復はデフレを脱却するには弱すぎる」と指摘されたことにより円安安心期待が増大したものと考えます。

今日の夕刻にスイスの政策金利が発表されますが日本ほどではないにしても低金利であるスイスフランが2.50%の政策金利となった時、円のキャリートレードが益々増大して行く可能性が非常に大きいと思われ、今後益々の円安傾向に弾みが付きクロス円は高騰して行くのでしょう。

ただ、ここ最近のクロス円上昇が一本調子とは限らず、皆が同じ方向を見出した時に仕掛けを賭けるファンド勢も居ることから安心は禁物ですけど。

それとNZDが92.20円で折り返しています。92.20円~92.50円レベルでの当局介入に用心しているものと思われます。

地区連銀経済報告ベージュ・ブック
・ 4月中旬から5月にかけ米経済活動は引き続き拡大
・ 個人消費は4月後半から5月に総じて拡大した
・ 大部分の地区で製造業は拡大
・ 概ね総合的な物価上昇圧力の高まりは見られず
・ 一部地域で賃金は緩やかに上昇、その他地区は賃金圧力緩和を報告
・ 一部地域で雇用活動拡大、住宅建設ではレイオフが見られる
・ 居住用不動産は引続き弱い、商業用不動産は伸びる
・ 新規住宅建設増加は報告なし、大半が住宅は弱いと判断

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの相場ですが、昨日大当たりして十分な利益を確保しました。
 d(^-^)  d(^-^)  d(^-^)

しかし、相場はそれ以上に上昇したのです。

「ちょっと停滞したからと云って利益確定を急がず、もう少し持っていれば利益はもっと大きくなったのに。」の思いが有りますが、これは結果論で有って、確率から云えば大きく上げた後は下落する確率が高いのです。

相場において底と天井を指すことは「神業でしか成し得ない」ので有って「頭と尾っぽは、くれてやれ」位の気持ちで丁度良いのではないかと考えます。

中長期用として161.70円で買ってみたユーロ円が、163円台に載せてますので善しとします。 d(^-^)

今日は夜中に米国経済指標が多く出されますが、カワセミが注目しているのはドイツの消費者物価指数の方です。

米国経済指標は明日の方が重要度が高いものですから・・・

あっそれと、カワセミは今日も急落を待ちたいと思ってますよ。 d(^-^)


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
15:00 独・5月消費者物価指数(確報値)(前月比)           +0.2%
15:00 独・5月消費者物価指数(確報値)(前年比)           +1.9%
16:30 スイス中銀(SNB) 金融政策決定会合            +0.25%
17:00 ユーロ圏・ECB(欧州中央銀行)月報公表
17:30 英・5月小売売上高指数(前月比)                 +0.3%
17:30 英・5月小売売上高指数(前年比)                 +3.8%
18:00 ユーロ圏・5月消費者物価指数(前月比)              +0.3%
18:00 ユーロ圏・5月消費者物価指数(前年比)              +1.9%
18:00 ユーロ圏・5月消費者物価指数(コア)(前年比)          +1.9%
18:00 ユーロ圏・第1四半期労働コスト(前年比)            +2.5%
21:00 ポールソン・米財務長官講演  
21:30 米・5月生産者物価指数(前月比)                +0.6%
21:30 米・5月生産者物価指数(前年比)                +3.6%
21:30 米・5月生産者物価指数(コア)(前月比)            +0.2%
21:30 米・5月生産者物価指数(コア)(前年比)            +1.5%
21:30 米・新規失業保険申請件数(先週分)             31.2万件

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
【6月13日15:00追記】

大当たりです。大正解です。d(^-^) d(^-^) d(^-^)


クロス円が高騰してます。特に米ドルとユーロが凄く値を上げてます。

ドル円は121.70円台から一挙に122.29円まで、ユーロ円は161.70円から一挙に162.71円までの高騰です。

カワセミは今日の朝の記事に紹介したようにNZ円を91.13円で、豪円を102.17円で買ってました。

つい先程、NZ円は高値91.73円の戻り91.64円で停滞したので利益確定しました。

豪円は高値102.87円の戻り102.72円で停滞したので、これも利益確定です。

朝買ったものが半日で利益を得られて満足です。d(^-^) d(^-^) d(^-^)

久しぶりに中長期用として161.70円で買ってみたユーロ円が一番最高の含み益で、高値162.71円を示し現在162.57円です。しかしこれは中長期用ですので寝かせるつもりです。でも嬉しいです~d(^-^) d(^-^) d(^-^)

はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


でもこのクロス円の高騰の原因は何なのか??

噂では「米長期金利の上昇の他市場への影響が限定的とみた、ヘッジファンド勢を中心とした買い」とも「投資信託と見られる向きの円売りが入り、一段の円売りを誘発するストップロスを巻き込んだ」とも云われていますが・・・・・

確かに何かの材料が有ってのクロス円の高騰ではないので、すぐに収まると思います。

よって、カワセミのトレードスタイルの「急落を待つ 」で臨みます。

でも、でも、気分は最高で~す。 d(^-^) d(^-^) d(^-^)


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
13:30 日・4月鉱工業生産(確報値)(前月比)             -0.1%
13:30 日・4月鉱工業生産(確報値)(前年比)             +2.3%
13:30 日・4月設備稼働率(確報値)
17:00 リッカネン・フィンランド中銀総裁講演
17:30 英・5月失業率                            2.8%
17:30 英・5月失業者数変化                    0.84万人減
21:30 米・5月小売売上高(前月比)                  +0.6%
21:30 米・5月小売売上高(コア)(前月比)              +0.7%
21:30 米・5月輸入物価指数(前月比)                 +0.3%
21:30 加・4月製造業出荷(前月比)                   +0.3%
21:40 ガイトナー・米ニューヨーク連銀総裁講演
23:00 米・4月企業在庫(前月比)                    +0.3%
23:00 米・財務省-為替報告書公表
00:40 ドッジ・カナダ中銀(BOC)総裁会見
02:00 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演
02:00 トリシェ欧州中央銀行総裁講演
03:00 米・ベージュブック公表

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。昨日の記事に「スタフグレーション」って書いて「????」のコメントを頂きました。

自分では全く気付きませんでした。「スタグフレーション」です。最近多いんですよ。自分で書いたことや言ったことの間違いに全然気がつかないんです。歳なんですかね。  (-_-;)


さて為替相場はニュージーランド中銀の為替介入も無く、大きなニュースも無いままにクロス円が下がってきています。

一つ云えるのは13日の為替報告書における中国元に対するコメントが飛び交っているせいで、円が買い戻されているようです。一旦の利益確定のための調整といった方が当っているのかもしれません。

これは急落では無いので買い参入のタイミングとは明言しがたいのですが、ユーロの下落が大きすぎるような気がしてならないのです。それに何日も続いています。

ユーロ円も164.50円台から161.70円台へ落ちてますし、ユーロドルも1.33を割って1.32台に突入してます。

今年のユーロ高を想定しているカワセミにとって「これは中長期用での買い処なのかな?」って思っています。

決して短期用でのお奨めは出来ませんが、中長期用でカワセミは買ってみます。


はじめて入ったランキングのベスト10、脱落後何とか戻りました。有難うございます。再び応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが、91.11円で買い参加したNZ円が91.76円まで上昇したのですが、クロス円調整の波にさらわれて91円を切るまで下落しました。

記事に「損きりは浅くしておくつもりです」と書いていたように、トレールで30銭下に置いていたので91.46円で約定になってました。利益としては小さいのですが已むを得ないところです。

ただ介入により下落したNZDの魅力は大きく「92.20円or92.50円までは当局の威嚇射撃は大丈夫かな?」との思いが有るので懲りずに91円を割って、戻りの91.13円で再び買いに入っています。

それと豪円も102円割れ直前の102.10円~102.20円の間でぐずついていたので102.17円で買いに参入しています。これはFXプライムの為替情報で支持線1が102.35円、支持線2がストップロスの102.00円となっていたため、その間でのぐずつきは戻ると確信したためです。

今夜は米国の財務省半期外国為替報告書や地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)が公表されるのでドルの値動きが有りそうですよ。 d(^-^)

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
13:30 日・4月鉱工業生産(確報値)(前月比)             -0.1%
13:30 日・4月鉱工業生産(確報値)(前年比)             +2.3%
13:30 日・4月設備稼働率(確報値)
17:00 リッカネン・フィンランド中銀総裁講演
17:30 英・5月失業率                            2.8%
17:30 英・5月失業者数変化                    0.84万人減
21:30 米・5月小売売上高(前月比)                  +0.6%
21:30 米・5月小売売上高(コア)(前月比)              +0.7%
21:30 米・5月輸入物価指数(前月比)                 +0.3%
21:30 加・4月製造業出荷(前月比)                   +0.3%
21:40 ガイトナー・米ニューヨーク連銀総裁講演
23:00 米・4月企業在庫(前月比)                    +0.3%
23:00 米・財務省-為替報告書公表
00:40 ドッジ・カナダ中銀(BOC)総裁会見
02:00 フィッシャー・米ダラス連銀総裁講演
02:00 トリシェ欧州中央銀行総裁講演
03:00 米・ベージュブック公表

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
【6月12日追記】

今日は今日はニュージーランド中銀為替介入は現在までのところないようです。

朝の記事に書いたNZ中央銀行のボラード総裁の講演内容は以下の通りです

ボラードNZ中銀総裁講演発言
・ インフレ目標の達成は難しいかもしれない
・ NZ経済は堅調に推移している」などとの見解を示した。


お陰で91.11円で買い参加したNZ円も19:00現在91.60円まで値を伸ばしてくれてます。

はじめて入ったランキングのベスト10、早速圏外へ脱落です。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
14:00 日・5月消費者態度指数                      48.0
15:00 独・5月卸売物価指数(前月比)                 +0.4%
15:00 独・5月卸売物価指数(前年比)                 +2.6%
17:30 英・5月消費者物価指数(前月比)                +0.3%
17:30 英・5月消費者物価指数(前年比)                +2.6%
17:30 英・5月消費者物価指数(コア)(前年比)            +1.8%
17:30 英・5月小売物価指数(前月比)                 +0.4%
17:30 英・5月小売物価指数(前年比)                 +4.3%
17:30 英・5月小売物価指数(コア)(前年比)             +3.3%
17:30 英・4月貿易収支                      -70億GBP
18:00 ユーロ圏・4月鉱工業生産(前月比)               +0.2%
18:00 ユーロ圏・4月鉱工業生産(前年比)               +4.3%
21:30 ポールソン・米財務長官講演
21:30 加・第1四半期労働生産率(前期比)               +0.7%
23:00 モスコウ・米シカゴ連銀総裁講演
01:00 メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁講演
01:30 グリーンスパン・前FRB議長講演
03:00 米・5月月次財政収支                    -700億USD

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 昨日のニュージーランド中銀の為替介入は驚きました。

なりふり構わぬ思い切った為替政策が効を奏するのか否かは不明ですが、過去の経験から言えば一時的効果は有っても長続きしていないのが云えると思います。

ただ今回の為替介入は22年ぶりで有ったことでビッグサプライズとなり市場がビックリしているのは確かでは有ります。

そのせいか下落した後の戻りが非常に遅く、市場が更なる介入を恐れ手控えている節も覗えるようです。

本日昼にNZ中央銀行のボラード総裁が講演をする予定となっているので投資家はそれに注目しています。

 
 話は変わりますが最近のドル高を見ていて気になっているのが、米国経済の軟着陸構想がひょっとしたらスタフグレーションに向かっているのではないかとの思いです。

確かに米国経済は従来に比して減速していくのは間違いないにしても、最近の経済指標を見ているとインフレは沈静化してないのでです。

いわゆるスタフグレーション(景気減速+インフレ)です。

そう見ると米国長期金利の高騰を招き、一時的なドル高現象が起るのかもしれません。そしてその後にドル下落が始まるのでしょう。

はじめて入ったランキングのベスト10、早速圏外へ脱落です。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 さてカワセミの為替ですが、何かの予感でしょうか昨日の朝の記事に「まっ、次にNZDが落ちたら買ってみることにしましょうか。」と書いたら、途端に為替介入が行われビックリしました。

本当にビックリです。政府の為替介入なのでいつも以上に慎重に構え一度91円台を割って戻ったのですが、ここでの買いは控えて夜の11時ごろ再度91円割れを起こし、押し戻されたのでここで買いに入りました。

91.11円での買い参入です。

しかし、何かがおかしいのです。値が戻りません。高値91.40円まで戻った後は再び91.25円(11:015現在)まで値を下げています。

先に述べた「更なる介入」を投資家は用心しているみたいです。

「ちょっと早まったかな」との思いが有るので損きりは浅くしておくつもりです。

今日もNZDは注目です。再度の介入が有るなら個人投資家としては手を出しにくいところです。

介入無しなら、92円台への上昇ありと見ていますが・・・・


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
14:00 日・5月消費者態度指数                      48.0
15:00 独・5月卸売物価指数(前月比)                 +0.4%
15:00 独・5月卸売物価指数(前年比)                 +2.6%
17:30 英・5月消費者物価指数(前月比)                +0.3%
17:30 英・5月消費者物価指数(前年比)                +2.6%
17:30 英・5月消費者物価指数(コア)(前年比)            +1.8%
17:30 英・5月小売物価指数(前月比)                 +0.4%
17:30 英・5月小売物価指数(前年比)                 +4.3%
17:30 英・5月小売物価指数(コア)(前年比)             +3.3%
17:30 英・4月貿易収支                      -70億GBP
18:00 ユーロ圏・4月鉱工業生産(前月比)               +0.2%
18:00 ユーロ圏・4月鉱工業生産(前年比)               +4.3%
21:30 ポールソン・米財務長官講演
21:30 加・第1四半期労働生産率(前期比)               +0.7%
23:00 モスコウ・米シカゴ連銀総裁講演
01:00 メルシュ・ルクセンブルク中銀総裁講演
01:30 グリーンスパン・前FRB議長講演
03:00 米・5月月次財政収支                    -700億USD

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
【6月11日追記】

ニュージーランド中銀為替介入をしました。掟破り為替介入です。

中国に対し為替操作国としていた先進国、その中のニュージーランドがついに為替介入です。

■ ニュージーランド中銀
・ NZドルの為替介入を確認
・ 現在の為替水準は異常で正当化できない
・ 為替介入は今後の金融政策の方向を前もって示すものではない


上記の声明を出してますが理由は何であれ、ニュージーランドも為替操作国と成り下がったのです。

NZ円は今朝の高値92.98円から現在91.11円まで下がって行ってます。

先進国が為替介入をする事はここ数年無かったことなのでどの位影響が有るのか図りかねますが、過去は一時的な介入をしても値が戻っています。

ここは下げ止まりを見て戻りを確認したら買いのチャンスかもと考えてます。

よしよし、もう少し下げろ~  )^o^(



はじめて入ったランキングのベスト10、早速圏外へ脱落です。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
17:30 英・5月生産者仕入価格(前月比)                +0.6%
17:30 英・5月生産者仕入価格(前年比)                +1.0%
17:30 英・5月生産者出荷価格(前月比)                +0.4%
17:30 英・5月生産者出荷価格(前年比)                +2.5%
17:30 英・5月生産者物価指数(コア)(前月比)            +0.3%
17:30 英・5月生産者物価指数(コア)(前年比)            +2.3%
21:30 加・4月新築住宅価格指数(前月比)               +0.3%
21:30 加・第1四半期設備稼働率                     83.0%
22:00 トリシェ・ECB総裁・欧州議会証言

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 赤字幅が市場予想を下回った米貿易収支を受け、ドル円は一時121.80円台までの上昇です。

それ以上に上昇したのはオセアニア通貨やカナダドルで、資源国通貨の強さが感じられますね。

特にNZランドのNZDは8%の政策金利となったため、高金利通過としての魅力が益々大きくなり投資家のNZD購入意欲が高まって来るのでしょう。

カワセミの今年の相場予想「ユーロや資源国通貨の上昇」・「ドルの下落」ですが、今のところ「ユーロや資源国通貨の上昇」だけが予想通りの動きをして「ドルの下落」については予想と違う動きになっています。

予想と違うドルの動きは不可解では有りますが、投資スタンスとしてユーロor資源国通貨の買い参入を基本としているため大きな影響は受けないで済んでます。

さて、今週は重要な経済指標が週末に集中してますので、前半はレンジ相場となる様相が強いと考えていますが・・・・

当然途中の急落も有ると見てますので、下がったら買い、そして値が落ち着いたら売却の投資スタイルで対応して行きたいと考えてます。

はじめて入ったランキングのベスト10、早速圏外へ脱落です。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


 カワセミの為替ですが、最近豪円での売買が好調で下がっては買い、上がっては売りを繰り返し、かなりの利益を得ています。 d(^-^)

今日も先週の金曜日記事に「それと今朝も豪円で参加してます。101.44円からの戻りで101.72円で買いを入れてます。 」と書いた豪円が今朝102.85円まで上昇しています。

それ以降は値を下げてきたので先程(09:00過ぎ)早速利益確定を102.64円で行いました。1円近い利幅の利益に満足です。 d(^-^)

ただ、「何でNZD円の買いをしなかったのだろう?」の後悔が残ってます。

「ニュージーランドの政策金利が8.0%に」「世界的高金利傾向強まる」の記事を書いて置きながら、最近好調な豪円にばかり目が行きNZDの買いをしてません。

せっかくの利益チャンスを逃してしまって深く反省です。まっ、次にNZDが落ちたら買ってみることにしましょうか。


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
17:30 英・5月生産者仕入価格(前月比)                +0.6%
17:30 英・5月生産者仕入価格(前年比)                +1.0%
17:30 英・5月生産者出荷価格(前月比)                +0.4%
17:30 英・5月生産者出荷価格(前年比)                +2.5%
17:30 英・5月生産者物価指数(コア)(前月比)            +0.3%
17:30 英・5月生産者物価指数(コア)(前年比)            +2.3%
21:30 加・4月新築住宅価格指数(前月比)               +0.3%
21:30 加・第1四半期設備稼働率                     83.0%
22:00 トリシェ・ECB総裁・欧州議会証言

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 昨日のNZ準備銀行8.0%、南ア中央銀行9.5%と政策金利が益々上昇している高金利通貨。

いや、高金利通貨国だけでなく世界的に金利は上昇傾向に有ると云えます。

その中で0.50%と極端に低い政策金利を適用している日本の円の価値は、今後何処まで落ちていくのでしょうか?

丁度一年前ユーロ円は145円、豪円は85円、NZ円は72円でした。それからすると驚くべく通貨価値の下落が起っているのです。

これで終わりではないでしょう。日銀は当面政策金利を上げないでしょうし、年内の利上げも、0.25%~0.5%の範囲内だと考えられています。

それを元に考えても日本円の価値下落が続くのは致し方ないのかもしれません。

そうなると個人の資産を守るためにも、又、資産を増やすためにも、この外国為替証拠金取引(FX)は今後盛んになって行くものと考えられます。

昨夜のワールドビジネスサテライトでも放送されてましたが、最近は外国為替証拠金取引(FX)がより盛んになり、ついこの間まで株のデイトレしてた方々が外国為替証拠金取引(FX)に移ってきているそうです。

皆さんの周りでもそう云った話題が出て来ると思われます。

銀行に言われるまま高い手数料の外貨預金をなさってる人に、この外国為替証拠金取引(FX)を紹介してあげてください。

ニュージーランドドルやオーストラリアドルの外貨預金をするのなら、手数料の安いFXで長期投資を行った方がよっぽど利益は大きいのです。

外貨預金とFXの長期保有でほったらかしにするのはほぼ同じですが、利益が格段に違うのです。銀行に利益を持っていかれるのは勿体無いじゃないですか。

はじめて入ったランキングのベスト10、早速圏外へ脱落です。応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


さてカワセミの為替ですが、昨日記事にも書いてますが、先日利益を上げた豪円を昨日朝に再び101.80円で買いました。

これが大当たりで記事を投稿した時(06:30)は101.80円台だったのが、10:30の新規雇用者数や失業率が強い数値が発表されると一挙に102.70円台へ急伸しました。狙い通りです。 d(^-^)

102.60円~102.80円の間で値が落ち着いたので、カワセミの投資スタイル「利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する。」を普段通り適用、102.63円ですぐ利益確定しました。

嬉しいです~  d(^-^)

それと今朝も豪円で参加してます。101.44円からの戻りで101.72円で買いを入れてます。

買いを入れた理由は
1、資源国通貨は今後益々伸びるとの考え
2、急落してる
3、FXプライムの支持線2が(101.50) となっていた
3、101.44円からの戻りが十分確認出来た

です。

現在102.04円ですので、これも昨夜の再現を狙っているのですが・・・・


【要人発言】

■ ポールソン米財務長官
・ 中国がより柔軟な対応を行うまで圧力をかけつづける

■ トリシェECB総裁
・ 中国の為替政策の更なる柔軟な対応を求める



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
14:00 日・5月景気ウォッチャー調査(現状判断DI)           50.3
14:00 日・5月景気ウォッチャー調査(先行判断DI)
15:00 独・4月貿易収支                      +150億EUR
15:00 独・4月経常収支                      +125億EUR
17:30 英・4月鉱工業生産(前月比)                  +0.2%
17:30 英・4月鉱工業生産(前年比)                  +0.6%
17:30 英・4月製造業生産(前月比)                   +0.2%
17:30 英・4月製造業生産(前年比)                   +1.3%
19:00 独・4月鉱工業生産(前月比)                  +0.6%
19:00 独・4月鉱工業生産(前年比)                  +6.5%
20:00 加・5月雇用者数変化                    1.43万人増
20:00 加・5月失業率                            6.1%
21:15 加・5月住宅着工件数                     21.5万件
21:30 米・4月貿易収支                      -635億USD
21:30 加・4月貿易収支                      +48億CAD

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 ニュージーランド準備銀行は今朝06:00に金融政策決定会合を開き、政策金利を0.25%引き上げ8.0%に引上げると発表しました。

高金利通貨で人気のNZDですが、これが政策金利8%となった事で益々投資家の人気を高め、NZDが高値を追って行くような気がしています。 d(^-^)

今朝の発表前はNZD/JPYは90.80円台を前後してたのが発表後(06:30現在)には91.52円まで上昇しています。

同じく欧州中央銀行も昨夜、政策金利を0.25%引き上げ4.0%に引上げると発表しました。

各国が政策金利を上げていく中、円だけが低金利を保っていたのでは日本の投資資金は外国へ流れていくばかりで、将来の日本の経済成長に悪影響を及ぼす恐れも有るのではないでしょうか?

円のキャリードレード危惧も叫ばれてますが、投資家嗜好としては金利差の魅力は依然として大きいものが有り、今後益々円安の傾向が続くものと思われます。

ただ、米国ドルだけは政策金利引き下げの可能性を強く含んでいるので、ドル円に関しては大きく上昇する可能性は少ないのではないでしょうか。

ランキングバナー4


さて昨日は欧米の株式市場が大幅に下げたことにより為替市場も円高へ振れてます。

しかしこの株式市場の調整は長く引きずることは無く、今夜あたりは戻すような気がしていますが・・・

カワセミの為替ですが101.48円で買った豪円が昨日午前に大幅に上昇してくれて102.40円台まで伸びてます。

カワセミの投資スタイルでも述べてますが「利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する。」ですので20銭安トレールを掛けていて102.23円で利益確定しました。

結果としてはその後クロス円が下げる中、豪円も下げてますのでかなり善い処での利益確定でした。

今朝は豪円を101.80円で買ってますが、豪円の103円台への上昇を見込んでのことです。どうなるかちょっと心配でも有るのですが・・・


■ オーストラリア・コステロ財務相コメント
・ 豪州の経済成長は力強い
・ 豪州のインフレ圧力は依然、緩やかなものに留まっている
・ 為替レートが輸出に影響を及ぼしている

■ウェーバー・独連銀総裁コメント
・ 金利は歴史的に高いレベルとは言えない
・ インフレリスクはこの先2年程度は上昇するだろう

■トリシェECB総裁コメント
・ ユーロ圏の金融政策は、依然として緩和基調にある
・ インフレは上昇するリスクがある」


【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
08:30 ボラード・NZ中銀総裁議会証言
10:30 豪・5月新規雇用者数                    +1.0万人
10:30 豪・5月失業率                           4.4%
16:00 オルドネス・スペイン中銀総裁講演 
20:00 英中銀(BOE)政策金利発表                   5.50%
21:30 米・新規失業保険申請件数                  31.2万件
23:00 米・4月卸売在庫(前月比)                    +0.3%

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 来ました、急落! この急落を待ってたんです。 d(^-^)

昨日の記事に「調整無しの円安が続くとは過去の経験則から云っても有りません。」と書いたら、すぐに起ってくれました。

メチャ嬉しいです。 d(^-^)

カワセミの投資スタイルの「急落を待つ」がやっと適用できました。

ここ何日間かの断続的円安進行のため、自分の投資スタイルからして相場に参加できなかったのですが、やっと参加できたのです。

それにしても声を揃えたように各国要人が声明を発しています。

■ ポールソン米財務長官
米国には強い保護主義の風潮が見える
アメリカ人は、中国との貿易に不当性を感じている
中国に、アメリカ人は実質的な変化を切望していると伝えた

■ トリシェECB総裁
ユーロ圏は人民元の柔軟性拡大を望んでいる
人民元柔軟化には加速が必要

■ 福井日銀総裁
日本経済は緩やかで安定的な成長を謳歌
原油価格の上昇は需要増によるもの
最大の敵はインフレ期待の増大だろう
ヘッジファンドは、無視するには影響が大き過ぎる

■ ドイツ高官
G8声明では経済見通しの改善について触れるだろう
米住宅市場の冷却は終了した
G8サミットでは人民元の柔軟性について議論するだろう
サミット、ヘッジファンドの規制を承認しない見通し

■ バーナンキFRB議長
インフレは依然として上昇するリスクがある
米中は人民元の更なる柔軟化の必要性について合意
人民元相場の柔軟化加速を望む
人民元の柔軟化は過熱した経済の対処の手助けに
保護主義は世界経済にとって重大なリスク
中国は世界のインフレに影響を与えている

 上記声明からしても今日から始まるドイツでのG8サミットで、投資マネーに影響の有る議論と声明が出てきそうに感じられ、投資家が用心のため利益確定を急いだ結果ではないかと考えます。

又、バーナンキFRB議長の「インフレは依然として上昇するリスクがある」発言の影響でNY株式市場も-80ドルと大きく下落してるのですよ。

ランキングバナー4


さてカワセミの相場ですが、昨日の急落で101.20円台まで落ちた豪円を、戻りで値がぐずついた101.48円で買いました。

通常要人発言で落ちた後は必ず戻るので安心して眠りについたら、その後で再び急落してたんですね・・・

これは全く予想外で、完全に当てが外れてガッカリです。現在(6:30)101.62円ですので若干の利益は出てますが一時は101.90円まで値を戻したのに・・・

G8も心配では有りますが、利益幅も小さいため、売り処が難しくなってしまってます。

それにしても今日は、朝方のRBA政策金利、それに夜のドイツの製造業受注指標、ECB政策金利、トリシェECB総裁定例記者会見、G8と相場変動要因が一杯です。

楽しみな反面、心配も大きいですね。 d(^-^)

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
08:01 英・5月ネーションワイド消費者信頼感指数            92
08:30 豪中銀(RBA)政策金利発表                   6.25%
10:30 豪・第1四半期GDP(前期比)                  +1.2%
10:30 豪・第1四半期GDP(前年比)                  +3.1%
14:00 日・4月景気動向指数(速報値)(一致)             66.7%
14:00 日・4月景気動向指数(速報値)(先行)             20.0%
19:00 独・4月製造業受注(前月比)                  -1.0%
19:00 独・4月製造業受注(前年比)                  +10.1%
20:45 欧州中央銀行(ECB)政策金利発表               4.00%
21:30 米・第1四半期非農業部門労働生産性(確報値)(前期比)  +1.0%
21:30 米・第1四半期単位労働費用(前期比)              +1.3%
21:30 加・4月住宅建設許可(前月比)                  -3.0%
21:30 トリシェ・ECB総裁講演 
22:50 ラッカー・米リッチモンド連銀総裁講演 
23:00 加・5月Ivey購買部協会指数                    65.0
23:30 ユンケル・ルクセンブルク首相兼財務相講演 
01:30 ウェーバー・独連銀総裁講演

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 為替相場は先週から続いている上海株式市場の大幅下落にも関わらずクロス円は高止まりを続けています。

つい最近の上海株式市場下落で世界同時株安を引き起こし、為替市場においてもクロス円が売られた状況からすると大きく様変わりしているのです。

投資家が上海株下落を多大な恐怖とは考えていないみたいで、少し驚きを覚えています。

カワセミ自信は上海株式市場の下落は先日と同じように投資家のリスク許容度が脅かされると感じるのではないかと思っていたのですが、見込み違いの様相を呈しているのです。

これをどのように解釈すればよいのか解らないままの状態ですが、不気味でなりません。

自分の考えと違う動きをしている時は相場に参加するのを控えるべきだと考え、ここ数日様子見を続けています。

しかし円安が進んだ状態を、ただ手をこまねいてみてるだけだと、どうも損をしてるような感じがして若干の焦りも出ています。

が、しかし焦りは禁物です。

焦りで相場に参加しても損をする確立が高いという事を知っているつもりです。

様子見をしていても損失を出している訳ではないのです。

自分の資産を大事にし資産を膨らませるためには「勝つ確率の高い時だけの相場参加」が来るまでじっと我慢するべきと考えています。

調整無しの円安が続くとは過去の経験則から云っても有りません。

G7も近い事ですし、調整が訪れるのを待った方が賢明と思われますよ。 d(^-^)

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                         予想
16:55 独・5月サービス業PMI                       57.9
17:00 ユーロ圏・5月サービス業PMI                   57.1
17:30 英・5月サービス業PMI                       57.0
18:00 ユーロ圏・4月小売売上高(前月比)               +0.5%
18:00 ユーロ圏・4月小売売上高(前年比)               +1.9%
21:00 日米 福井日銀総裁・バーナンキ米FRB議長電話会議 
21:15 トリシェECB総裁講演  
23:00 米・5月ISM非製造業景況指数                   55.8
00:00 ウォーシュ米FRB理事講演  
00:30 ポールソン米財務長官講演

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 週が明けてもクロス円が高止まりしたまま、張り付いている状態です。

円キャリートレード解消の不安感は何処へ飛んでしまったのか、円売り祭りみたいな状況になっています。

カワセミは先週末からの円安進行での買いタイミングを逃してますので、利益を上げていません。

その前は急落が何度も有って、利益を得られたのですが今回はさっぱりです。

ここでトレンドに乗るのも善いかなと考えるのですが、相場は上がり下がりを繰り返すのですから、自分のトレードスタイルを守るのが確実なのだと自分で自分に言い聞かせてはいるのですが・・・

カワセミは小心者なのかもしれませんが「相場で常に勝ち続けるのは無理だ!」との考えを持っています。

その考えの基に、相場への常時参加は丁半に似たものだとの考えが有り、お奨めは出来ません。

当面はのんびりと急落を待っていればよいのでは無いでしょうか。

其の方が損失を被らないで済みます。

個人投資家は常に相場に参加しなくても良いのです。

「勝つ確率の高い時だけの相場参加」それで十分だと考えます。(^-^)

今週はドイツでサミットが有ったり、各国の政策金利発表等も予定されてますので、相場への参加チャンスも出てくると見ています。

のんびりと待ちましょう・・・のんびりと  d(^-^)

はじめて入ったランキングのベスト10。現在8位です。丁度善いポジションなのかも知れません。→ ランキングバナー4



【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                        予想
18:00 ユーロ圏・4月生産者物価指数(前月比)           +0.3%
18:00 ユーロ圏・4月生産者物価指数(前年比)           +2.3%
23:00 米・4月製造業受注(前月比)                  +0.7%

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
昨日の記事「あ~、又しても」がそのまま響いています。

昨日の記事に「あ~、又しても163.02円からあっと云う間に163.18円に戻ってしまいました。」と書いたように、163円割れを待っていたカワセミはとうとう買えずじまいで、昨日の急激な円安では利益を上げられないまま終わってしまいました。

5月30日の記事に「163円割れにこだわったのですが164円を一度クリアしてるので投資家が支持線ラインを上げたのかもしれないと考えています。」「FXプライムの為替情報でもストップラインが支持線1の163.20円となっているので、其の辺の処を再度考え直してみる必要が有りそうです。」と書いて置きながら、163円のラインにこだわり続けたのが敗因のようです。

「163円割れからの戻りを見てから買う。」ではなく「163.20円割れからの戻りを見てから買う。」に変更していれば確実に利益を得られたのに・・・
。・°°・(≧△≦)・°°・。わーん

今日もFXプライム>為替情報>インフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧で、EUR/JPYの支持線1は(163.20) となっているようです。


はじめて入ったランキングのベスト10。お陰様で初めて6位になることが出来ました。引き続き、応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* →→ ランキングバナー4


残念無念、チクショウ・・・

「こうなったら破れかぶれだ~」と行きたいのですが、よく考えてみると損は出してない。 d(^-^)

そうです、損はしてないのです。損失を出してなければ相場のチャンスは幾らでもやって来ます。過去もそうでした。

ここは、じっと急落を待つことにします。 d(^-^)


 今日も上記を踏まえてですが、急落をみせてくれたら、戻りをみて「カワセミのトレードスタイル」で望みたいと思ってます。

【カワセミのトレードスタイル】

1、急落を待つ
2、抵抗線・支持線の確認を十分行う
3、戻りの確認が十分出来てから買う
4、利益確定は欲張らず停滞したらすぐ売却する



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スターアセット証券のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ(信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。


本日午後からの経済統計                        予想
16:55 独・5月製造業PMI                         57.2
17:00 ユーロ圏・5月製造業PMI                     55.5
17:30 英・5月製造業PMI                         53.7
18:00 ユーロ圏・第1四半期GDP(速報値)(前期比)         +0.6%
18:00 ユーロ圏・4月失業率                       7.2%
21:30 米・5月失業率                           4.5%
21:30 米・5月非農業部門雇用者数変化              13.5万人増
21:30 米・4月PCEデフレータ(前年比)                +2.2%
21:30 米・4月PCEコアデフレータ(前月比)              +0.2%
21:30 米・4月PCEコアデフレータ(前年比)              2.1%
21:30 米・4月個人所得(前月比)                   +0.3%
21:30 米・4月個人支出(前月比)                   +0.4%
23:00 米・5月ISM製造業景況指数                    54.0
23:00 米・5月ミシガン大消費者信頼感指数(確報値)        88.0

お勧め記事1:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。