FX会社の特徴・評判・比較等、初めてFXをする人に最適なFX会社を紹介しています。
株や外貨預金をなさってるあなた。FX(外国為替証拠金取引)で資産形成を始めてみませんか?
こんな人にお奨め 為替情報を見るなら絶対必要 お奨め記事
① 株でイマイチ儲かっていない
② サラリーマンだけどデイトレしたい
③ 銀行預金の利息が不満
④ 何かに投資しようと考えている
⑤ 外貨預金の手数料に不満
⑥ 資産形成を成したい
⑦ 日本の将来のインフレが不安

 リッチになりたい
■ マネーパートナーズ

「今日の抵抗線はどこ?支持線はどこ?」と考え悩んでていませんか???
マネーパートナーズはそんな為替情報を1日に数回、各通貨毎に教えてくれてます。
もちろん口座開設や口座維持費は無料。
カワセミのFX投資にも欠かせません。


■ FXは危ない??
■ FXは株より安全
■ FX必要資金について
■ カワセミがFXを始めた理由は
■ スワップポイントとは

■ 外貨預金との違い
■ FX会社のコンバージョン(外貨両替)は超お得
 d(^-^)

■ マネーパートナーズ
・ 信託保全
・ 手数料無料
・ スプレッドが小さい
・ 証拠金定額
3拍子も4拍子も揃った好条件の会社
           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 こんにちは、カワセミです。

ドル続落です。大幅なドル売りが続いています。なんとドル円は一時105円85銭まで下落してます。

先週半ばのドル円108.41円からすると2円以上のドル安なんです。

原因は株式市場の大幅下落。

なんとNYダウは昨年10月の最高値から20%以上の下落なのです。


株式市場の大幅下落の要因は

・ 米メリルリンチが第2四半期に54億ドルの評価損を計上の噂

・ モルガン・スタンレーを格下げ見直し


が大きな原因ですが、それまでドル安牽制発言を続いていた米国金融当局者がだんまりを決め込んでいるのも不安を増長させたのでしょう。

 

 さてカワセミの為替ですが2週間近く持っていたドル売りポジションがやっと解消されました。

一時期は不安で一杯だったのですが「ドルは危険をはらんでいるので近いうちに絶対に売られる。」との考えで保持していたのが正解だったんです。

先週金曜日に絶対106円を割ると考え、106.00円で指してめでたく決済です。

売りポジションが106.00円・107.36円・108.00円でしたので結構な利益になって満足です。

それまでの悲惨な気持ちが吹っ飛び、笑顔・笑顔です。 d(^-^)




FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
スポンサーサイト
 こんにちは、カワセミです。

ドル売りです、大幅なドル売りです。

NYダウが年初来安値を更新する大幅安で350ドルも下がってドルが大幅に売られました。

「米クライスラーが連邦破産法申請する」との話や「米クライスラーが破産法を申請する」との噂が飛び交ったそうで米国株式相場は大混乱です。

おまけにリビア国営石油公社のガネム総裁が「原油価格の150ドル到達は時間の問題」と発言した事で原油先物価格が140ドルを超えてドル売りに拍車をかけた形です。

おかげで日本の株式市場もNYダウの急落や原油価格の高騰を受けて、大幅続落で始まり、日経平均株価の下げ幅は一時330円を超え1万3500円を割り込んでいます。

さて、ここで考えるのは今夜のNYダウが再び落ちるのか、それとも回復するのか??

かなり注目する必要が有ります。

今夜のカワセミは為替相場とNYダウにかじりつきます。


FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

終わってみれば予想したとおりのFOMC。

市場は上下動を行ったが結局は前日値と同じ位置に戻ってしまってます。

強調したかったのは「インフレリスクの高まり」であって経済不況では無いと云うことでしょうか。

本当はどちらも優先したいのだが今現在どちらを取るかと考えたときにインフレ抑制に主眼を置かなければならないとの考えは当然と云えば当然かも。

それにしてもユーロは強くなって行くばかりです。

ユーロ円もいずれ180円近辺まで行くのでしょう。


FOMC声明概要
・ インフレ、インフレ期待の上向きリスクは高まった
・ インフレは年後半から来年にかけて低下へ
・ エネルギー、商品価格、インフレ期待の上昇によりインフレの不透明性高い
・ 家計の底堅さを反映し、全般的な経済活動は拡大
・ 据え置きは9対1で決定
・ フィッシャー総裁は利上げを主張
・ 成長促進、物価安定のため必要に応じて行動していく



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

昨日発表の米国経済指数を見ると軒並み悪い数字が出されてます。やはり米国経済の回復にはまだまだ時間が掛かるとみたほうが正解のようです。

昨日の経済指標の内容はS&P/ケース・シラー全米主要20都市住宅価格指数が前年比-15.3%、米国消費者信頼感指数が50.4、6月米国リッチモンド連銀製造業指数は-12となっています。

明日の早朝にFOMC政策金利と議長コメントが出されるがその内容は、最近の米国経済指数を見れば想像するにたやすいと思われます。

市場ではFRBに対する利上げ期待が大きい事も有るのですが、今回については難しいと考えますが・・・・



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
おはようございます、カワセミです。

ドル円が108円台に戻ってしまいました。全然冴えないです。

要因はユーロが反落したことによるものです。独IFO景気動向が2005年1月以来の低水準を記録したのです。

欧州も原油価格高騰により企業の先行きが怪しくなって来た事を表しているのでしょう。

サウジアラビアが増産を発表しても、殆んど影響を受けずに高止まりしている原油価格。

一体どうなるのでしょう。



さて今週は今日以降、市場に影響を与える経済指標や会議が始まります。
さしあたって今日明日に注目すべきは以下の項目でしょう。


6/24(火)  23:00 米国消費者信頼感指数
        23:00 米国リッチモンド連銀製造業指数
6/25(水)  23:00 米国新築住宅販売件数
        27:15 FOMC(連邦公開市場委員会)政策金利



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

ドル円が今朝方の107.10円から徐々に回復して現在は107.50円です。

今日より明日以降の米国経済指標やFOMC内容の方が相場に与える影響ははるかに大きいと思ってますが、サウジアラビアによる原油増産方針を受けた欧州や米国市場がどのように動くかも注目しておく必要が有ると思ってます。

サウジアラビアが原油増産とは云っても中東の政情不安定懸念は消しようも無く原油価格がそう簡単に落ちるとは考えにくいのですが・・・

ま、今日は様子見程度にしておいて明日以降に集中したほうが良いのかも知れません。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

昨夜は更なるドル安が進み一時は107.10円台まで落ち107.32円で取引が終わってます。

要因がよく解らなかったのですが、後のニュースでユンカー・ユーログループ議長が「ユーロ高が原油価格高騰の影響を和らげている」「為替介入には反対する」等とコメントした事が判明し納得しました。

先のポールソン米国財務長官が「為替介入を決してしないとは言いたくない」と発言したことに、真っ向反対する声明だとは思いませんか?

「ドル安に対する為替介入は世界的協調の下では行われない。」と云うことを物語っていると考えられますね。

よって「ドルは当面下落する」との考えを継続することとします。

雨が降ってうっとうしい季節では有りますが、よい週末をお過ごしください。 d(^-^)



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

今日は米国の経済指標発表はないし、来週月曜日も米国における経済指標発表は予定されてません。

為替市場も昨日から107.50円~108.00円の間で波打ってる程度なので今夜はゆっくりしてみます。

私自身のポジションも冴えない状況が続いているのでここは気分転換です。

ただ、ぐっとドルが落ちるニュースが入るのを期待して指してはおくつもりです。

ドル円は現在107.60円です。もっと落ちてくれ~・・・ d(^-^)



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

昨日は米国の経済指標発表は無く為替相場も安定するのかと思っていたら、原油価格上昇の影響を受け、NYダウが100ドルを超す下落となり、ドルは108.40円の高値から108円を割り込むまで落ちています。

そして今朝(9:40分)も107.50円台まで下落してます。

原油価格の上昇は政府統計で在庫減少が確認されたとのニュースによるものらしいのですが、これはどうなんでしょう??

原油価格を初め商品価格はずっと上昇しているのですから言い訳みたいな説明に過ぎないと思っています。

ドルの弱含み状態を変えない以上今後更なる商品相場上昇とドル安の連鎖は続くと考えます。

カワセミの考えは「当面、ドルは値を下げる」です。




さてカワセミの為替ですが、106.00円・107.36円・108.00円でのドル円売りポジションを持ち続けています。

梅雨の土砂降り状況を抜け出せるかどうかは今夜の米国経済指標しだいです。

今夜の米国経済指標

21:30 新規失業保険申請件数       37.4万件 38.4万件
23:00 フィラデルフィア連銀指数-6月    -10.0    -15.6
23:00 景気先行指標総合指数-5月      0.0%    0.1%




FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

相場が思い通りに行かないので気分が滅入っていたので、ここ数日気分転換のため釣りに興じてました。

釣果は二日間でミズイカ3杯、甲イカ3杯とまあまあの成績。サイズも申し合わせたように1kgチョイオーバークラスでした。

ミズイカのシーズンも終わりに近づいているのに今年は2~3kgサイズは1匹も釣り上げて無く、何かしら物足りない感じではあります。

ミズイカは一般的にはアオリイカと言いますが、ヤリイカとは違った甘味と身の軟らかさを持っているので好きな人が多いみたいですね。



さて為替相場ですが昨日も米国において色々な経済指標が出せれてますがあんまり反応してないみたいです。

昨日発表米国経済指標

生産者物価指数-5月:1.4%(1.0%)
生産者物価指数-5月(前年比):7.2%(6.8%)

生産者物価指数-5月(コア):0.2%(0.2%)
生産者物価指数-5月(前年比/コア):3.0%(3.0%)

住宅着工件数-5月:97.5万件(98.0万件)
建築許可件数-5月:96.9万件(96.0万件)





さてカワセミの為替ですが、106.00円・107.36円・108.00円でのドル円売りポジションを持ち続け気分は完全に梅雨空です。

というより大雨注意報が出ている状況です。こんな時にはじっと我慢するしかないです。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

ドル円が一時108円台乗せですか・・・

米国財務関係要人のドル高指導を狙った口先介入で、ドルが異常に値を上げている状況を作り出しています。

勿論昨日のドル上昇は米国小売売上高や米国5月輸入物価指数が予想以上となったことにも有るのですが、それ以上に影響したのはプロッサー米フィラデルフィア地区連銀総裁の「インフレ圧力を緩和する措置を取るべきだ」等を含む発言が大きいと考えてます。

昨日までの記事にも書いてるように連日のブッシュ大統領を初めポールソン財務長官 ・FRBバーナンキ議長・各連銀総裁と矢継ぎ早のドル安警戒発言、と云うよりドル高誘導発言が投資家にドル高政策施行を意識させるに十分なほど浸透してきています。

そこで具体策は?と考えると何も出ていません。????

やれるとすれば政策金利を弄くる事位しかないのでは???

ちょっと不可解ではないかと思っています。




さてカワセミの為替ですが、106.00円と107.36円でのドル円売りポジションが大変なことになっています。

ここで損きりすると上記記事や今週記事にも書いている自分の見方を否定することになってしまうので損きり出来ないでいます。

それどころか108.00円で再度の売増しをかけてしまいました。

ちょっと怖いけど腹を据えて望む正念場って感じです。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。





ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

今朝は前日の米株安を受けて日経平均が大幅に下げてますね。前引けで前日比321円78銭(2.27%)安の1万3861円70銭ですよ。

午後は若干戻すと思いますが1万3000円台への戻りはきついですね。

NY原油先物も大幅反発してますし株式市場にとってはちょっと厳しくなるのかも知れません。

もっとも大阪で13、14の両日開かれる主要8カ国(G8)財務相会合で様相が一変する可能性も高いのでは有りますが・・・

そのG8に向けてマコーミック米財務次官「世界経済を話し合う際に、通貨はしばしば会話の一部になる」・「何らかの形式で検討されるだろう」とのコメントを発しています。

米政府はドル安の是正に向け日本や欧州と何らかの政策を打ち合わせる可能性があります。

そうなると相場にかなり大きな影響を与えることは確かで有ります。その内容しだいではとてつもない大変化が発生するのかも知れません。

用心が必要です。



さてカワセミの為替ですが、106.00円と107.36円でのドル円売りポジションがさっぱりです。

ここは辛抱するしかないところです。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

驚きました、ドルが107.30円台と続伸です。

それよりも驚いたのはブッシュ大統領までもが「強いドルに信任を置いている」為替状況に介入した発言をしたことです。

これでブッシュ大統領・ポールソン財務長官 ・FRBバーナンキ議長と米国の金融におけるBIG3が口を揃えてドル安懸念を表明したことになります。

驚きはこれだけでは有りません。もっとも重要なのはポールソン財務長官の発言した「為替介入を決してしないとは言いたくない」の発言だと思いませんか?

米国はこれまで為替操作国を非難する政策を採っていたのに、いざとなれば米国自身が為替操作国になることも平気で行う可能性が有るよと言っているのと同じではありませんか。

「あきれて物も言えない」って思いませんか?


■ ポールソン米財務長官発言要旨

・ 為替介入を決してしないとは言いたくない
・ ドルに対する昨日の自身の見解を支持する
・ 「絶対」という言葉は使いたくない

・ 米国の資本市場には依然多くのストレスがある
・ エネルギーコストの増大が米経済にとってリスクだ
・ 住宅市場の調整は当面続くだろう
・ エネルギー問題は2009年にかけて続くだろう



さてカワセミの為替ですが、損切はしないで106.00円でのドル売りポジションを持ったままで、今朝もドルが107.30円台から動きません。

昨日の記事に書いた「口先介入の後は元に戻る」が今回も適用できると考え、先程107.36円でドル円の売り増しをかけてみました。

さて、先週は売増しが成功しましたが今回の行動が先週同様上手く行くのか、泣く目に逢うのか厳しい勝負処です。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4



カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

なんとまあ週明け早々からドルの反発です。ドルは各国の通貨に対して上がっています。

昨夜は米国中古住宅販売保留が6.3%と事前予想(-0.4%)を大きく上回りドルが急反発と言うより、口先介入でドルが上がったと言う方が適切かも知れません。

先日の「米輸入物価を上昇させ、インフレを招くドル安の影響を注視している」というバーナンキFRB議長のコメントに続き、ポールソン米財務長官やNY連銀総裁それにダラス連銀総裁が「ドル安警戒」発言を行った結果、投資家にドル高施策警戒を抱かせドルが上昇したのでしょう。

ただ、具体策が示されて無い所が口先介入としか言えないところでは有りますが・・・


ポールソン米財務長官発言
・ 通貨介入という選択肢、決して選択肢から排除はしない
・ 原油価格の高騰が問題だ
・ 原油の供給は過度ではない
・ 長期的なファンダメンタルズは好調だ
・ 大阪G7では原油価格とインフレについて議論するだろう
・ バーナンキFRB議長とは連絡を密にしている
・ 政策に関していかなる選択肢も排除しない


ダラス連銀総裁発言
・ 如何なる選択肢も排除してはならない
・ ガイトナーNY連銀総裁の「世界的に引き締め政策が必要となるだろう」との見方に同意

ガイトナーNY連銀総裁発言
・ FRBはドルに対し非常に注意を払っている
・ 中央銀行は通貨に対し無関心でいる事は出来ない
・ 世界的に引き締め政策が必要となるだろう





さてカワセミの為替ですが、昨日の記事に「106.00円でのドル売り」と書いたようにそのまま約定されていました。

しかし、なんとまあ現在106.51円(9:19現在)です。

なんだか今回は危なそうな感じで怖いです。先週の利益を持っていかれないように損きりをしっかり入れておかなければいけないですね。

市場におけるドル高警戒が必要以上に強いように感じますね。

でも「口先介入の後は元に戻る」と言うのが殆んどですので売り増しが善いのかもとの思いの方が強いのです。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 おはようございます、カワセミです。

先週末のドル暴落・NYダウから日経平均も353円安(9:33分現在)と大きく下げ始まっています。

先週のドル下落は失業率の増大を懸念してのことだったのですが、よくよく他のレポートを読むとイスラエル副首相の「イランが核兵器製造を続けるなら攻撃は不可避」発言が地政学的リスクの増大と採られてドルの下落を助けたことのようです。

さて今週の注目は
6/10 (火) BOC(カナダ中銀)政策金利
6/11 (水) 米国地区連銀経済報告(ベージュ・ブック)
6/12 (木) 米国小売売上高
6/13 (金) 米国ミシガン大学消費者信頼感指数-6月(速報値)

と思ってますがNY先物原油の行方も気になるところです。



さてカワセミの為替ですが、週明けで大きく窓を開けて下落するのかと思っていたものが104.39円までしか落ちなくてがっかりです。

104.79円で溜息とともに決済しました。

105.18円と106.20円のドル売りでしたのでそこそこの利益が出て満足してます。

さて今週はちょっと用心して望もうと考えてますので、今のところは106.00円でのドル売りを指しておく程度に留めます。

週半ばまで様子を見て、ドルの戻りがイマイチならば104.50円売り辺りでも良いのかもしれませんが・・・

慌ててポジションを持つ必要も無いので「勝てると思った時だけ参加する」で行きましょう。 d(^-^)






FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

予想が大当たりです。 d(^-^)

昨日の記事に

「他のレポートではドル高リスクが高まったと言っている所が増えてきてますが如何なものかと案じています。
ドル上昇をはっきり謳うのはちょっと早すぎると思いますが・・・」


と書いていた通り米国経済は思ったように回復せず下落基調を続けているようです。

昨日発表の米国経済指標で失業率が5.5%(予想:5.1%・前回:5.0%)が発表されるとドルは大下げの状況です。

それまでドル回復を云われて106.30円台に有ったドル円が、取引終了時には104.91円と1.40円近くの暴落を見せています。

他のアナリスト予想を大きく裏切る結果に市場は驚いているのでしょうが、冷静に考えればバーナンキFRB議長の「米輸入物価を上昇させ、インフレを招くドル安の影響を注視している」という口先介入でドルが上がっていたに過ぎないのです。

ドルが安定するのはまだまだ先の事ではないのでしょうか。

まづは昨夜のドル下落に満足です。



さてカワセミの為替ですが、発表前までは心配の種だった105.18円でのドル売りポジ、それと売り増しした106.20円のポジが一挙に利益を含んでいます。

まだ決済はしておらず来週月曜日の状況を見ながら対応していくつもりです。

なんにしてもよかったです。 d(^-^)



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。








ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4








カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

ユーロが上がりましたね。トリシェECB総裁が記者会見の中で「来月に利上げを行なう可能性を排除しない」と発言して利上げの可能性が高まったことによるユーロ買いでしょう。

長期では利上げ期待感が高いユーロと豪ドルが狙い目だろうと思います。

それにしても「米輸入物価を上昇させ、インフレを招くドル安の影響を注視している」というバーナンキFRB議長が口先介入のコメントをしたに過ぎないドルまでもが円に比して上がっているのは要注意だと思っています。

他のレポートでは「ドル高リスクが高まった」と言っている所が増えてきてますが如何なものかと案じています。

ドル上昇をはっきり謳うのはちょっと早すぎると思いますが・・・



さてカワセミの為替ですが、全く冴えません。

105.18円でのドル売りポジが1円以上の含み損を出している上に、昨日は106.20円で売り増しをしてしまったものですから。

経済指標の上昇後に大きく下がると考えて行った行動が全くの読み違えで106.18円(10:15分現在)と高止まりしています。

しょうがないです・・・「待てば海路の日和有り」で行きます。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

ドルは前日のバーナンキ議長の発言から強含みの状況が続いています。

発表された経済指標のISM非製造業景況指数も51.7となり、これも好感されてます。

 それと米ドルから離れるのですがNZドルが大きく落ち始めていますね。

RBNZ(NZ準備銀)は予想通り政策金利を8.25%で据え置いたのですがボラード総裁発言を受けてのことです。

ボラード総裁発言要旨
①今年利下げする可能性ある
②景気は予測よりも弱い
③利下げの時期は以前に描いていたよりも早くなった
④NZドルの劇的な下落は望んでいない
⑤弱い経済指標が更にNZドルの下落に繋がる可能性


高金利通貨のNZDもいよいよ利下げですかね???



さてカワセミの為替ですが、105.18円でドル売りが不安になってきました。

しかしここは待つしかないですね。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。








ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4








カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

昨夜はバーナンキFRB議長の「ドル安の影響を注視」発言でドルが急上昇しました。

FRB議長が為替相場に踏み込んで発言するのは珍しい事です。それだけに市場は大きく反応したのでしょう。

マスコミにあまり大きくは捉えられていないのですが「ドルの下落が商品市場に影響を与えた」の発言も、商品市場に対する何らかの行動示唆懸念を及ぼしたものだと私は考えています。

昨日は103円台から105円半ばまで大きくドルが買われて最近のレンジ上部まで引っ張った感じですが、如何せん結局のところ今回の発言も具体例が無い口先介入であることは否めない事だと考えます。


バーナンキFRB議長発言・質疑回答要旨

・ドルの下落は「歓迎出来ない輸入コストの増加」をもたらす
・金融政策は成長と物価促進に良好な状況にある
・ドルの価値がインフレとインフレ期待に与える影響を注視
・住宅市場が安定しない限り、成長に対するリスクは下向きだ
・第2四半期の経済成長は比較的弱いだろう
・下半期の経済成長は利下げ効果もあり、持ち直すだろう
・金融市場は改善しているが、引き続きストレスある
・FRBは先制的に大幅な利下げを実施した
・成長とインフレリスクを回避する政策を取っていく
・FRBの2つの責務への約束、強く安定したドルの確保がカギ
・コスト転嫁抑制の継続は保証されない
・コスト転嫁の動向を注視していく
・金融システムにはより大くの信頼構築が必要
・ドル安がインフレに幾分影響を与えた
・ドルからもたらされる影響、比較的緩やかだ
・ドルの下落が商品市場に影響を与えた
・商品市場にとっては需給のバランスが重要だ
・商品価格の上昇は主要な問題だ





さてカワセミの為替ですが昨日は105.00円売りでのポジションが104.00円で決済され嬉しい限りです。 d(^-^)

その後のドル円の行方を106円まで行くのではないかと思っていたのですが、口先介入だったことも有ってか思うようには伸びてくれず105円半ばを頂点に失速して現在(10:15)105.23円です。

実はつい先ほど105.18円で再度ドル売りを仕掛けているのですが・・・



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。








ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4








カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
 こんばんは、カワセミです。

凄いですね。バーナンキFRB議長発言でドルが上昇してます。

現在23:00です。バーナンキFRB議長の公演は22:00から有ったようですがその内容からドルが一挙に変われてます。

一旦は103円台まで落ちたドルが104円台を回復し、バーナンキFRB議長発言で一挙に105円台半ばまでの急上昇です。

面白いですね。楽しい感じです。

104円で売って利益が出たから言えるのかも知れませんが、FRBもドルインフレ抑制に必死な様相が凄く強く感じられます。

この発言はナイスタイミングです。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。




ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4




 話は変わりますがFX会社に電話して投資相談とか相場の行方とかの話をした事は有りますか?

カワセミは相場に迷った時や決断が付かない時はFX会社に相談することにしています。

勿論、最終判断は自分で行うのですが人と話すことによって自分の考えの整理がついたりするものです。

皆さんも是非一度電話して相場の動向等を聞いて見てください。

大切なお金です、最終的には自分の判断で投資を行うにしても、そのための情報収集に時間を惜しんではいけないと考えます。

電話相談に適したFX会社はトレイダーズ証券が群を抜いています。

為替情報が充実し情報収集に適したFX会社はFXプライム外為どっとコムです。


上記の会社は口座開設や維持費は勿論無料ですので常にチェックすべきと考えます。




お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?

お勧め記事2:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事3:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事4:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事5:テクニカル分析とは
 こんにちは、カワセミです。

先週末から最近のレンジ相場の上限に張付いているドル円相場ですが、上抜けするのか?

今週6日(金)に発表される米雇用統計が大きな鍵を握ると市場も考えてますが、前回値が大幅に下方修正されるとの噂有って、そうなるとまたもやドルが大幅に下落しレンジ相場の加減近くまで行くのかも知れません。

それと3日(火)にオーストラリア準備銀行・5日(木)にニュージーランド準備銀行・英国中央銀行・欧州中央銀行による政策金利が発表されます。

これによっても為替相場が大きく動く可能性が高いと考えられ、今週は気の抜けない一週間となりそうです。



さてカワセミの為替ですが、105.00円売りでのポジションを引き続き保持しております。

当然のことながら前述した雇用統計でドルが売られることを期待しているのですが・・・・

その前に動きが有るのかも知れません。



FXプライムで口座を開設すると為替情報が見れますが、その中のインフォーマ為替情報>テクニカル分析一覧は、FX初心者の方のみならず、カワセミの為替売買においても絶対手放せないものです。
抵抗線1.2.3.4、 支持線1.2.3.4、ターゲット、ストップロス、BUY(買い時)などの情報はカワセミの売買に必須です。もちろん口座開設や口座維持費は無料です。








ランキングの応援ポチの協力をお願いしま~す。ゞ(^^* ランキングバナー4








カワセミはブログの過去記事にも書いているように、FXを始めるに当っては幾つかの口座を準備したほうが善いと思います。

■ 一つ目はFX情報のしっかりしたサイト
■ 二つ目は長期保有のための会社
■ 三つ目は短期売買用の会社です


個人個人の収入や状況によって違いが出てきますが、所得金額(収入では有りませんよ)330万円以上の方なら以下のFX会社を進めます。

■ 情報用:FXプライム(情報がしっかりしてる)
■ 長期保有用:スター為替のくりっく365(税金対策に有利・取引所為替証拠金取引なので安心)
■ 短期売買用:マネーパートナーズ信託保全で安心、取引費用が安い)


口座を開設しても費用は掛からないので、口座を持っていた方が良いと思います。





お勧め記事1:FX会社のコンバージョン(外貨両替)って知ってます?
お勧め記事2:サラリーマンはくりっく365が有利→FXで利益を挙げて悩むのが税金
お勧め記事3:信託保全のFX会社比較→最近は手数料無料で信託保全の会社が
お勧め記事4:知っていて得する事、知らないで損する事
お勧め記事5:抵抗線・支持線とは?
お勧め記事6:テクニカル分析とは
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。