FX会社の特徴・評判・比較等、初めてFXをする人に最適なFX会社を紹介しています。
株や外貨預金をなさってるあなた。FX(外国為替証拠金取引)で資産形成を始めてみませんか?
こんな人にお奨め 為替情報を見るなら絶対必要 お奨め記事
① 株でイマイチ儲かっていない
② サラリーマンだけどデイトレしたい
③ 銀行預金の利息が不満
④ 何かに投資しようと考えている
⑤ 外貨預金の手数料に不満
⑥ 資産形成を成したい
⑦ 日本の将来のインフレが不安

 リッチになりたい
■ マネーパートナーズ

「今日の抵抗線はどこ?支持線はどこ?」と考え悩んでていませんか???
マネーパートナーズはそんな為替情報を1日に数回、各通貨毎に教えてくれてます。
もちろん口座開設や口座維持費は無料。
カワセミのFX投資にも欠かせません。


■ FXは危ない??
■ FXは株より安全
■ FX必要資金について
■ カワセミがFXを始めた理由は
■ スワップポイントとは

■ 外貨預金との違い
■ FX会社のコンバージョン(外貨両替)は超お得
 d(^-^)

■ マネーパートナーズ
・ 信託保全
・ 手数料無料
・ スプレッドが小さい
・ 証拠金定額
3拍子も4拍子も揃った好条件の会社
           

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
FX(外国為替証拠金取引)の必要資金、手数料にはいくつかがあります。

これらは大変重要なものですので、はじめのうちは聞きなれないかと思いますが、ぜひ覚えておきましょう。


■当初証拠金(イニシャルマージン)一番はじめに用意する最低限のお金です。最低単位での売買が出来るお金ともいうことが出来ます。10万円からというところが多いようです。

■維持証拠金(メンテナンスマージン)損が出ると、それは証拠金にも反映されますが、損があまりにも大きくなりすぎないように、証拠金の70~80%に維持証拠金が設定され、それを割り込むと追加の証拠金を求められます。
これをマージンコールといい、強制的に決済されることです。

■売買損益金額
売買により出た評価損益や実現損益はすべてブローカーに入れてある証拠金の金額に増減されて計算されていきます。

■取引手数料
手数料は会社によってまちまちです。片道1000~2000円というのが多いようですが、中には無料というところもあるようです。

■追加証拠(マージンコール)維持証拠金レベルを下回ったとき、マージンコールが発生します。

[FXの必要資金]の続きを読む
スポンサーサイト
スプレッドとは、外貨の売りと買いに対して提示されるレートの差のことをあらわします。

為替レートの表示は114.00~114.03などといった具合に表示されます。

これによって、買値と売値をあらわしているのです。

つまり、通常に取引をしても、買値と売値でそれだけの差が存在するということなのです。

このため、これがコストと考えられるわけです。

はじめのうちは、スプレッドという概念がよくつかめないかもしれませんが、大事な言葉ですのでしっかりと理解しておきましょう。

■スワップポイントとは?
 スワップポイントとは、外国為替取引を行う2国間の金利差によって発生するポイントのことです。

通常2営業日後に資金を受渡します。ただ2営業日後に市場が休みとなる、土・日になった場合は受渡しが出来ませんので月曜日に受け渡しをされます。

上記の云ったケースの場合3日分のスワップ金利が付きます。祭日が入った場合も同様の考え方で計算されます。

ただ、殆んどのFX会社ではその辺のスワップ表をホームページ上で公開してますのでそれを見た方が早いかもです。

レバレッジを使えば少ない元手で大きく勝負できます。

レバレッジ(Leverage)とは日本語訳すると「てこの作用」を使って、手持ちの資金よりも大きい取引を行うことです。

手持ちの資金が10万円でレバレッジ10倍だと・・100万円分の外貨を売買できます。

レバレッジ100倍なら預けた証拠金の100倍の外貨を売買できます。
証拠金が10万円なら1000万円分ですね。

■ 1万ドルの取引をするために必要な証拠金
レバレッジ10倍なら12万円
レバレッジ50倍なら2.4万円
レバレッジ100倍なら1.2万円

100倍なら1万2千円で120万円分の外貨が売買できるんです。
1万ドルなら1円動くだけで1万円動きます。

また、・・・・


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。