カワセミがFXを始めた理由は!

FX会社の特徴・評判・比較等、初めてFXをする人に最適なFX会社を紹介しています。
株や外貨預金をなさってるあなた。FX(外国為替証拠金取引)で資産形成を始めてみませんか?
こんな人にお奨め 為替情報を見るなら絶対必要 お奨め記事
① 株でイマイチ儲かっていない
② サラリーマンだけどデイトレしたい
③ 銀行預金の利息が不満
④ 何かに投資しようと考えている
⑤ 外貨預金の手数料に不満
⑥ 資産形成を成したい
⑦ 日本の将来のインフレが不安

 リッチになりたい
■ マネーパートナーズ

「今日の抵抗線はどこ?支持線はどこ?」と考え悩んでていませんか???
マネーパートナーズはそんな為替情報を1日に数回、各通貨毎に教えてくれてます。
もちろん口座開設や口座維持費は無料。
カワセミのFX投資にも欠かせません。


■ FXは危ない??
■ FXは株より安全
■ FX必要資金について
■ カワセミがFXを始めた理由は
■ スワップポイントとは

■ 外貨預金との違い
■ FX会社のコンバージョン(外貨両替)は超お得
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はなぜにカワセミが、FX(為替)による投資を行っているのかを簡単に紹介してみたいと思います。

最初に皆さんへ知って頂きたいのは、現在の日本国の借金額です。

一体、幾ら有ると思いますか。約773兆円なんです。集計方法でばらつきが有り1000兆円とも言われていますが・・・

私達の家庭一軒当りに治すと、1642万円の借金を抱えていることになるのです。あなたの家庭がですよ。

「国の借金が何で自分に関係有るの?」と言われそうですが、国の借金はその国民の借金なんです。国が払うという事は国民が払うという事なんですよ。

そして現在の日本がその借金を減らしているのかと云うと、逆に増えて行っているのです。

一年で使う日本の国家予算は約80兆円です。収入は50兆円です。借金は773兆円です。

これを我々庶民に当て嵌め直してみると
年収500万円の人が年に800万円使う生活をしていると云う事なんです。しかも借金が7,730万円も有り、利息が膨れ上がり続けてるのです。


我々庶民だと、500万円の収入の中で生活をします。尚且つ、借金を少しでも返して行こうとさらに支出を抑えます。

ところが今の日本政府は財政支出削減とは云いながらも、上記のような状況なのです。

このままの状態が続けば借金の額が益々膨れ上がります。幸い今の日本の借金は日本人(法人・年金等含む)による国債の消化と云う形で補われていますがそれも限度が有り、やがてはカバー出来なくなるでしょう。

そのやがても計算してもらえば判りますけれども、そう遠くない数年後のことなのです。

その時、日本政府は膨大な借金を抱え、国民に対しての返済方法に窮するのです。

「外国からお金を借りれば良い。」との意見が聞こえてきそうですが「とてつもなく借金をしている人には誰もお金を貸さないし、信用もしない。外国とて同じ。」とは思いませんか。

そこで苦肉の策として出てくるのが増税です。

増税については皆さん判りますよね。しかし増税も僅かな増税では間に合わない事も判ると思います。当然10%・20%の増税は覚悟しなければなりません。

しかし20%増税をしたからといって収入の50兆円が100兆円にも200兆円にもなることは無いのです。

次に政府が打つ手はなんだと思いますか?インフレなんです。

国も個人も同じですが、大きな借金が有る時に期待するのはインフレなんです。それも、ものすごいインフレをです。

簡単に言えば100%のインフレが起これば今の借金の額が一挙に半分になったのと同じことなのです。(詳細を語れば若干違うのですが・・)

極端な話をしてしまって申し訳なく思います。今の日本において100%のインフレなど起きるはずも無いのです。ただ、絶対に起こらないのかと言えばそうでは有りません。

近年においてもロシアで1998年を前後してハイパーインフレが起こっています。その時は1年間で物価が80倍になっています。1年間にですよ。100%のインフレで物価が2倍になるのです。物価が80倍になるという事は今の日本人が想像出来る範囲を遥かに超えています。

アルゼンチンでもトルコでも近年に同様の事が起こっているのです。

日本においてロシア・アルゼンチン・トルコみたいなハイパーインフレが起こるとは考えてませんが、かなり大きなインフレが起きれば、国の収入に対する借金の比率は下がるのです。

ものすごいインフレが起きれば当然極端な円安に向かいます。現在1ドル118円前後の円の価値が、1ドル200円とか500円とか1000円とかになるのです。(ハイパーインフレが起きれば1ドル10万円位にはなります。)

ただ、日本の国に極端なインフレが起こっても国家が消滅することは有りません。しかし、我々国民は辛酸な生活を強いられるのです。

結果として、庶民の財産価値は失われ辛苦を舐めるのです。貧富の差が益々大きくなって行きます。中間層は無くなります。

「えっ、富裕層も同じじゃないかって?」いいえ、違います。小金持ちは別として、大金持ちの人は資産を外国に移す等、それ相当の対策を立てているのです。

そこで「じゃあ我々庶民はどうしたら良いのか?」を考えましょう。

そうです、私達庶民も資産を外国に移せば善いのです。しかし少額資産を海外に移すことは簡単ではないし、かなりの費用が掛かるでしょう。

そこで簡単に庶民が行える海外資産を持つ方法を考えた時、それは我々庶民も外貨を持つと云うことなんです。

資産の一部を外貨で持つことによって日本のインフレに耐える事が出来るのです。若干のレバレッジをかければ日本円の円安による資産の目減り以上の利益も獲得できるのです。

そうです、インフレによる資産の目減りを防ぎ、尚且つ資産を増大させる手段として、FX(外国為替証拠金取引)は最適なのです。

余りにも内容を端折り過ぎて解りにくい内容になったと思いますが、興味の有る人はわが国の財政事情(18年度政府案)日本の借金時計を見て参考になさってください。



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://yamatotakeru.blog60.fc2.com/tb.php/754-eab6a8d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。